美容室の口コミサイト「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )を運営する株式会社ノーマリズム(東京都目黒区)は、全国の20代~50代男女を対象に、美容室選びにおける公式ホームページの重要性をアンケート調査いたしました。美容ポータルサイトやSNSアプリなどで美容室を容易に探せる現在において、店舗の公式ホームページは重要視されているのか。アンケート結果をもとに、公式ホームページに対する消費者意識を分析しましたのでご報告いたします。


■調査概要
調査対象: 全国の20代~50代男女。WEBSNSアプリで美容室を探したことがある方、美容室選びのきっかけとなったことがある方
回答数: 100
調査期間: 2020年3月13日2020年3月20日
調査方法: インターネット調査
調査結果URL: https://hairlog.jp/special/article/9146


■消費者の68.8%が美容ポータルサイトを利用
「美容室探しで使う媒体は?きっかけとなった媒体は?」の質問では、美容ポータルサイトが68.8%、検索エンジンが24.1%。SNSが4.5%、アプリが2.7%という結果となりました。








■消費者の66%が公式ホームページをチェックしている
「美容室を選ぶ際、そのお店の公式ホームページをチェックしますか?」の質問では、チェックするが66%チェックしないが34%という結果となりました。
回答者のコメントでは、以下のような理由が挙げられました。

チェックする》
・自分が希望するスタイリングとお店の雰囲気がマッチしてそうかを見るため。(20代/女性/福岡県/学生)
・お店独自のホームページの存否,お店やスタイリストの雰囲気など,美容ポータルサイト掲載以上の情報を事前に得ておきたいので。(30代/女性/東京都/自営業、自由業)
・お店の雰囲気や料金、どのようなスタイリストがいるかなどを調べたいから。(40代/女性/北海道パートアルバイト

チェックしない》
・美容ポータルサイトの方が情報が豊富で見やすいから。公式ホームページがない美容院もあるので探す時間が手間だと思う。(20代/女性/愛知県派遣社員契約社員
・美容ポータルサイトの情報で最低限の情報が得られるから。わざわざ調べても、情報量の少ないページしか用意していない美容院がほとんどだから。(30代/男性/千葉県/正社員)
・美容ポータルサイトに美容師さんの写真や、スタイルの写真も出ているし、クーポンもあるのでチェックはしません。(40代/女性/神奈川県/無職)







■公式ホームページの見栄えの良し悪しは、消費者65%の店選びに影響している
「公式ホームページのデザインセンスの良さは、その美容室選びに影響しますか?」の質問では、影響するが65%、影響しないが35%という結果となりました。
回答者のコメントでは、以下のような理由が挙げられました。

《影響する》
・影響する。美容室はやはり綺麗なとこに行きたいと思う。でなければ、スタイリストの人たちもダサいのかなと思ってしまうから。(20代/女性/大阪府/学生)
・影響すると思う。ホームページがお洒落だと実際の店舗もお洒落なんだろうなと思う。(30代/女性/東京都派遣社員契約社員
・ホームページがおしゃれだとお店の雰囲気もそのような感じだとイメージできて行きたくなるから、影響すると思います。(40代/女性/東京都/専業主婦)

《影響しない》
オシャレなサイトに越したことないと思うが、ホームページの善し悪しでは判断が大きく変わることはない。(20代/女性/東京都/学生)
・影響しない。逆にお洒落すぎて予約ページまで中々たどり着けないお店は予約する気が失せる事はある。(30代/女性/新潟県パートアルバイト
・ホームページの良し悪しで特に何も影響しないです。温かみのある店を希望します。(40代/女性/香川県/正社員)







■消費者の65%が美容室の公式ホームページを重要視している
消費者の66%が公式ホームページをチェックしており、公式ホームページ見ることでお店の雰囲気が自分に合っているかを確認していることが分かりました。
また消費者の65%が、公式ホームページの見栄えの良し悪しが店選びの判断に影響していると回答しました。
公式ホームページの見栄えが良いと「より行きたいと思う」「期待値が増す」「値段が少し高くても行ってみたくなる」とポジティブな印象となり、そのお店を選ぶ判断にプラスとなっております。
逆に見栄えが悪いと「センスがないと不安になる」「ダサいとセンスを疑う」というネガティブな印象を与えてしまい、そのお店を選ぶ判断にマイナスとなっているようです。

以上の結果から、美容ポータルサイトやSNSが美容室選びの主流になった現在でも、美容室選びにおいて公式ホームページは重要な存在ということが分かりました。
美容ポータルサイトやSNSには、どの店舗も見栄えの良い写真やテキストが掲載されており、定型フォームに掲載されている情報からでは本当のお店の雰囲気が分からない。
情報が溢れる中で、公式ホームページの存在意義は今後も大きくなってくるかと思います。


■調査結果の引用・転載について
本レポートの著作権は、株式会社ノーマリズムが保有します。
引用・転載される際は、「ヘアログ」( https://hairlog.jp/ )へのリンクと出典を明記してご利用いただくようお願いします。


株式会社ノーマリズムについて
「最高の普通を追求します。これからの普通を創造します。」をコンセプトに、美容室の口コミサイト[ヘアログ]( https://hairlog.jp/ )など、主に美容室業界向けのWEBサービスを提供しています。



配信元企業:株式会社ノーマリズム

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ