白髪染めの理想的な頻度とは
白髪染めの理想的な頻度とは

抜け毛やクセ毛と共に髪の悩みとなっているのが「白髪」。

ちらほら生えているのも、半分以上白くなっているのもとっても気になりますよね・・・そこで皆さんが行う白髪対策と言えば「白髪染め」。

定期的に美容院に通っているという方も多いですよね。

今回ご紹介するのは「白髪染め」の理想的な頻度やセルフ白髪染めの注意点、髪へのダメージを抑える方法など!これから白髪染めを始めるという方もぜひチェックしてみてください!

白髪染めはどのくらいの頻度で行うべき?

白髪染めも普通のカラーリング同様、効果が無くなってきたら染め直す必要があります。

もちろん効果が無くなる前にすぐに染め直す方もいらっしゃいますが、髪へのダメージや費用の事を考えると、そう頻繁に白髪染めを行うのはオススメできません。

ではどのくらいの頻度で行うのが最適か、これは「髪の伸びるタイミング」がポイントになります。

髪は毎日ミリ単位で伸び、1ヶ月も経つと1cm前後伸びていきます。2ヶ月経つ頃には3cm前後にもなるので根元の白髪も目立ちやすくなってしまうんですね。

そして頭皮や髪へのダメージは1ヶ月以上の間隔を空けると負担が少なくなると言われています。

以上の事を考えると白髪染めの頻度は「1ヶ月」を目安にするのがオススメ。

人よりも髪が伸びるスピードが早い、白髪は絶対に見せたくない!という方は「3週間前後」がオススメです!

セルフで白髪染めをする時の注意点とは

セルフで白髪染めをする際はいくつかの点に注意してください。

まずは「量」。

白髪は撥水性が高いと言われており、きちんと白髪染めを塗布しないとムラができやすくなってしまいます。

さらに根元を塗るのも難しくムラになりやすいので、全体的に根元までしっかりと染められるよう、白髪染めの量は多めに用意しておくようにしましょう。

肩より髪が長いという方は市販の白髪染めを2個以上は用意しておいた方が良いです。

次は「明るさ」。

白髪染めは普通のカラーリングよりも「暗く」なりやすいと言われています。

市販の白髪染めのパッケージにも明るさの見本が出ていますが、まずその通りには染まらないと思っておいた方が良いでしょう。

キレイに明るく染めたい!という方は

自分の髪色よりも明るめのトーンのものを選ぶ

ようにしてくださいね

白髪染めでのダメージを抑える方法について

できるだけ髪へのダメージは抑えたい!これは白髪染めだけでなくカラーリングするほとんどの方が思っている事ですよね。

白髪染めと髪のダメージは切っても切れない縁なのです・・・白髪染めでのダメージを抑える方法はいくつかありますが、中でもおさえておきたいポイントが「白髪染め選び」。

セルフで行う場合は、この点に注意するだけでもダメージの軽減に繋がります。

数ある市販の白髪染めの中から自分の髪質や頭皮にあった選ぶのは簡単な事ではありませんが、行きつけの美容師さんに聞いたり、こまめにパッチテストを行って一番最適な白髪染めを使うようにしてください。

また、白髪染め後のトリートメントケアも行うようにしましょう。

白髪染め向けのトリートメントも数多く登場しています。

髪や頭皮の事を労わりながら、3週間~1ヶ月程度の理想的な頻度で無理のない白髪染めを行いましょう!

何故白髪には紫色が似合うの?