2020年4月1日ツイッターではこんな投稿が注目を集めている。

「今年のエイプリルフール2021年に延期します」

スーツ姿の男性がマイクに向かって話している。政府の発表だろうか?男性は、あのS官房長官に似ているような気もする。

エイプリルフールオリンピックに続いて、延期が決まったということなのだろうか...。しかしこれはもちろん今年のエイプリルフールネタ。「#エイプリルフール」のハッシュタグが付けられている。

投稿したのは「出ない順 試験に出ない英単語」(@NISE_TOEIC)というアカウント。Jタウンネット編集部は、アカウントを運用する中山さんに話を聞いた。

「出ない順 試験に出ない英単語」(@NISE_TOEIC)のツイートより
「出ない順 試験に出ない英単語」(@NISE_TOEIC)のツイートより

書籍「試験に出ない英単語」(飛鳥新社)シリーズの著者でもある投稿者の中山さんは。「エイプリルフール延期」のジョークを思いついたのは、何がきっかけだったのだろう。

ツイッターのトレンドワードから(英語の)構文を考えてみることがあり、今回はたまたエイプリルフール作ってみたという感じです」

イラストは、書籍イラストも担当する千野エーさんの作品だという。この男性を使ったネタには、他にもこんなものがある。

このイラストは「使いやすいのでつい頼ってしまいます(笑)」と中山さん。その気持ちはよく分かる。

「試験に出ない英単語」シリーズはは、2011年からツイッターで始めた。 同シリーズの書籍はこれまでに5冊出版、テレビ番組やYouTube動画などにも配信している。

「すべてに言えることですが、内容は非常にくだらないです。ですので、勉強の息抜きや、勉強しているフリにご活用いただければ嬉しいです」

中山さん。くだらないことが大好きなJタウンネット記者は、今度じっくり読んでみたいと思った。

「出ない順 試験に出ない英単語」(NISE_TOEIC)のツイートより