食料品に賞味期限があるように、ヘアカラーリング剤やセルフタンニング剤も古いものは使用しないほうがいいようだ。イギリス在住のある女性がセルフタンニング剤で日焼けした肌を作ろうとしたが、全身が緑色になってしまったという。まるでシュレックのようになった姿の写真が友人によってシェアされたところ、人々に笑顔をもたらしたようだ。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

マンチスター在住の2児の母親であるジェニーコールマンさん(Jenni Coleman、35)は日焼けした肌を作るため、キッチンキャビネットにセルフタンニング剤を常備していた。そしてある金曜日の夜、就寝前にワインを嗜みながらセルフタンニング剤を肌に塗っていた。

ジェニーさんは肌が緑がかっていることに気づいたが、そのまま全身にセルフタンニング剤を塗り終えた。しかし翌朝、ジェニーさんは浴室の鏡に映った自分の顔を見て驚くこととなった。小麦色になるはずの顔が緑色になっており、頭からつま先まで全身緑色だったのだ。ジェニーさんは当時のことについてこのように振り返っている。

「その姿は魔女のように見えました。あまりにも信じられない状態に思わず泣いてしまったほどです。まだらにもならず均一に緑色になった肌は、もう元に戻らないんじゃないかと思いました。週末は家に閉じこもって、緑色が取れるまで必死にこすり落としたんですが、消えるまでに2~3日かかりました。私はしばらくの間、セルフタンニング剤の使用をやめることにしたんです。」

「みんなが私の姿を、かつて子供番組に登場した緑色の魔女“グロットバッグス”やオズの魔法使いの西の悪い魔女のように見えるって言うんですよ。妹のミシェルなんて私の鼻が大きく見えたみたいで『鼻も魔女のように整形したの?』って聞いてきたんですよ! 私は『西の悪い魔女のキャラクターになりきっているだけよ』って言ってやりました。」

ジェニーさんによると、買い置きしていたセルフタンニング剤が古くなっていたために「緑色になってしまったのではないか」とのことだ。

実はこのハプニングは4年前に起こったものだが、ジェニーさんの友人ジャンパトリシアさん(Jan Patricia)が最近になって彼女の緑色の顔の写真をFacebookシェアした。

そこには「製造日が古くなったセルフタンニング剤を大丈夫だろうと思って使用した時の私の友人です。自宅待機中の今こそ、セルフタンニングをするいい機会になるんじゃないかしら」と綴られており、ジェニーさんの写真を見た人達からは「本当に西の悪い魔女にそっくりだ!」「これは面白い」といったコメントが寄せられている。

イギリスでは新型コロナウイルスの影響で先月23日に国家非常事態宣言が出され、国民は原則として自宅待機をしなければならない。外出ができない中でも人々は前向きに過ごそうとしているが、今回のジェニーさんの写真がそれに一役買ったようだ。

画像は『The Sun 2020年3月31日付「WHAT THE SHREK Mum goes bright GREEN after using out-of-date fake tan – and her pals joke she looks like the Wicked Witch of the West」(Credit: Kennedy News and Media)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト