音楽プロデューサー小林武史さんと、My Little Loverボーカルakkoさんの長女であるシンガーソングライター・越野アンナさん(23)が母親そっくりの美貌の持ち主だとして話題になっています。

 

小林さんとakkoさんの間には2人の娘がいて、1人は1996年まれの長女・アンナさんでもう1人が1999年まれの次女・HARUHIさん(21)

アンナさん2016年に音楽ユニットanderlustとして、父である小林さんがプロデュースしたシングル帰り道」でメジャーデビュー。この曲は多部未華子さんの主演映画『あやしい彼女』の主題歌に抜擢されています。そしてHARUHIさんもまた、2016年5月に映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌・「ひずみ」でデビュー。この「ひずみ」も父である小林さんの作詞・作曲・プロデュースであり、姉妹ともに父親がプロデュースしているということになります。

 

参考記事:My Little Loverのボーカル・akkoにソックリ! これからは「マイラバ家族」に注目だ!

 

「芸能界の2世姉妹といえば木村拓哉さんと工藤静香さんの娘であるCocomiさんとKoki,さんが話題ですが、すでに2016年に小林さんとakkoさんの娘たちが先立ってデビューしていたというのは、意外と世間に知られていません。特にアンナさんお母さんそっくりの美貌で、2人の色濃いDNAを感じると業界では話題ですよ」(芸能事務所勤務)

 

そんなアンナさんは公式インスタグラムを開設しており、3月30日までに新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛について投稿。自撮りと思しき顔のアップ写真とともに「外出自粛が意外と得意だった」という文章を綴るなどし、ファンに近況を報告しています。

「細面の輪郭や涼やかな目元などが母のakkoさんにますます似てきたとファンの間で話題ですよ。デビュー当時はぱっつんボブでかわいらしい雰囲気でしたが、ヘアスタイルロングにしてからは色気が増したと評判ですね」(音楽事務所勤務)

「木村家姉妹」のように「マイラバ姉妹」が人気を博すのも時間の問題かも!?(文◎小池ロンポワン)

 

画像は『acoakko debut』より