最近、社会の根幹を揺るがしかねない数字や統計の操作がいくつも明らかになっている。

 例えば、厚生労働省が毎月勤労統計調査の不正を行い雇用保険が過少給付されたり、GDP(国内総生産)の算出方法を変更しあたかも経済成長が続いているように見せかけたり、認可外施設を利用する子どもを“待機児童”から外すことで、待機児童数ゼロをアピールする自治体など、枚挙に暇がない。

「数学の理解力と論述力」が低下している

 こうした例に警鐘を鳴らすのは、桜美林大学教授の芳沢光雄氏だ。

「なぜこのように、数字の結果だけ整えばそれでOKというようになってしまったのか。それは日本人の『言葉の定義から始まるプロセスを大切にする数学の精神』が形骸化してきたからです。

 私は現在、数学の大切さや面白さを学生たちに伝える教育活動に力を入れています。

 出前授業や教員研修会など、25年近い数学教育活動の中で、全国400カ所以上を回りました。その活動を通して感じたのは、『数学の理解力と論述力』の低下です」

2億円は50億円の何%?

 芳沢氏は昨年、『「%」が分からない大学生』(光文社新書)という本を刊行した。著書の中で、日本の生徒や大学生の、数学の理解力と論述力の著しい低下と数学教育の欠陥を指摘している。

「『%』がわからないというのはどういうことなのか。例えば、次のような簡単な問題があります。

Q 2億円は50億円の何%ですか。

 2を50で割った商の0.04を百分率に直した『4%』が答えです。  

 非常にシンプルな問題ですが、15年ほど前から、このような基本的な割合の問題に答えられない学生が増えています。他大学の教員の話を総合すると、平均的な私立大学文系学部の学生の2割は間違えます。最も多い間違いは、50を2で割って、25%とする誤答です」

「く・も・わ」を知っていても……

「皆さんは、『く・も・わ』をご存じでしょうか。小学生から大学生にまで広く使われている図です。『く』は『比べられる量』、『も』は『元にする量』、『わ』は割合のことで、『元にする量×割合=比べられる量』という式を視覚的に表しています。

 円を上下に分ける横線は『÷』、左右に分ける縦線は『×』を意味します。これは、求めたいものを隠し、残ったふたつを計算すれば答えがでる、という図なのです。

 例えば、『比べられる量』を求めるには、円の下半分にある『も』と『わ』を掛けて計算します。

 しかし、この図は、数学の本質的な理解を促すものではありません。%とは何か、を理解しなくても、『く・も・わ』に数字を入れれば答えが導かれるからです。問題文を読んで、どれが比べられる量でどれが元の量なのかわからない生徒は、誤った答えを出してしまいます」

このままでは取り返しのつかないことになる

 だが、スマホの計算アプリを使えば瞬時に答えが出るいま、計算の考え方にどうしてこだわるのかと思う人も多いだろう。

「なぜ数学のレベル低下が国家の危機になるのか、大げさな話だと思われる方もいることでしょう。しかし、まず、ご理解いただきたいのは、数学はあらゆる学問の基礎ともいえる学問だということです。

 数学の本質は、計算や公式などではなく、論理的思考力です。客観的な数字を使って、一歩一歩、結論へと導くことが重要です。

 数学的思考、つまり論理的思考力が低下するということは、問題を筋道立てて考え、それをきちんと他人に説明する力がなくなっている、ということなのです」

 さらに、由々しきことに、日本では「数学嫌い」の子ども達が多くいるという。日本の子ども達の数学的、論理的思考力はなぜ大きく低下し、数学離れが進んだのか。その原因や対処法についての芳沢氏の解説「『%がわからない大学生』の読解力」は、「文藝春秋」4月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

 芳沢氏は話の最後、深刻な面持ちでこう締めくくった。

「『%が分からない大学生』は、決して笑い話ではありません。日本がだめになっているひとつの象徴なのです。今、日本の数学教育を立て直さなければ、取り返しのつかないことになってしまうと思います」

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年4月号)

©時事通信社