少し前には「パソコン教室」などの看板も見られましたが、最近では「パソコン」という言葉を口にすることも少なくなりました。

楽しむ英会話

 この「パソコン」はPersonal computerの略。そのままPaso-konと英語で口にしても通じません。PC(ピーシー)といえば通じます。日常の仕事で使っているコンピュータ関係の用語が、時には英語で落とし穴になることもあります。いくつかの単語を学習してみましょう。

【第69回】パソコンは通じない

 日本語でも英語でも共通しているのはデスクトップ。英語でもDesktopということができます。しかし「ノートパソコン」と呼ばれるものは、Laptopです。Desktopは「机の上」に置くから。Lapは椅子に座った時の膝から腰までの太腿の部分です。

 一般にLapは「膝」と辞書に書かれていることが多いですが、Hold a child in my lapは「座った状態で子供を太腿の上にのせる」こと。そこから由来して、Laptopは椅子に座って太腿の上で使えるからです。

 メーカーによってはLaptopよりも薄くて軽量、また小型のLaptopNotebookと呼んで発売していることもあります。これらは2-in-1と呼ばれるモデルの場合も多く、Laptopとしても使えると同時に、スクリーン360度開いてタブレットとしても使えるモデルです。ちなみにタブレットはTabletとそのままです。

「USBメモリー」を1語で説明

パソコン
イメージです(以下同じ)
 クラウド上でファイルを共有することが多いので、あまりUSBファイルの共有をすることは少なくなっているかもしれません。しかしUSBの記憶媒体もまだ目にしますね。これは英語でUSB memory stickUSB memoryと呼ばれます。

 時には略してDo you have a stick so I can share this file with you?(このファイルを共有したいから、USBある?)のように、ただStickとだけ言われることもあります。

 容量がもっと大きい、外付けハードドライブHDD)もありますね。これはExternal hard driveです。「外付け」をExternalとしただけ。覚えやすいのではないでしょうか。

「スマホ」「アプリ」は海外で通用する?

スマホ

 日本語はいろいろとカタカナ語を略すことが多いですが(「パソコン」のように)Macマック)は英語でも使われます。PCをWindowsパソコンの総称として使うことも多いですから、それに対応するのがMacですね。

 ちなみに、スマホSmartphoneと言わないと通じませんし、アプリもそのままでは通じません。アプリApplicationというか、Appアップ)と略します。

 また、間違えやすいのが「ホームページ」。日本語では「インターネットサイト」という意味で使われますが、ホームページHomepage)は会社や団体などのサイトの表紙となる部分。Homeボタンを押したときに表示されるページです。それ以外のページWebsiteと呼びます。

TEXT/木内裕也>

【木内裕也】

会議通訳者ミシガン州立大学研究者。アメリカ大衆文化、アメリカ史の研究を行うほか、国際一流企業、各種国際会議などの通訳を行う。またプロサッカーの審判員としても活躍。著書には『同時通訳者が教える 英語雑談全技術』『耳と口が英語モードになる同時通訳者シャドイング』(ともにKADOKAWA)など多数。英語で仕事をする人の応援サイト「ハイキャリア」にも執筆

※イメージです(以下同じ)