3月に新型コロナウイルスをめぐる懸念により、SXSW2020が中止になったことは記憶に新しいが、SXSWとAmazonプライム・ビデオが手を組み「Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection」を米国のPrime Videoで10日間限定で開催するという。

Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection」の開催にあたって、まず2020年のSXSW映画祭に参加予定だった映画製作者に、オンライン映画祭への参加募集が本日より開始した。

この1回限りのオンライン映画祭は、Prime Videoで公開され、Amazonプライム会員の有無にかかわらず、Amazonの無料アカウントがあれば、観客が無料視聴できるようになる(ただし北米のみ)。参加した映画製作者には、10日間のストリーミング配信で得られた上映料が支払われる。 開催日程はまだ発表されていないが、SXSWとAmazonプライム・ビデオは4月下旬開催を目標にしている。

SXSWの映画担当ディレクターであるジャネット・ピアソンは次のようにコメントしている。

SXSWが中止されて以来、私たちは、SXSW2020映画祭のラインナップに登場する素晴らしい映画や映画製作者をどうやってサポートできるかに注力してきました。私たちは、この未曾有の危機の中で創造的な解決策を模索している映画界の適応力と回復力に刺激を受けています。

また、Amazon Studioの責任者であるジェニファー・サルケ氏も次のようにコメントした。

SXSWの映画製作者たちに、彼らのハードワークと情熱を初めて観客と共有する場を提供できることを光栄に思っています。ジャネット・ピアソンやSXSWチームと協力して、これらの多様で感動的な作品を全国の視聴者にお届けできることを光栄に思っています。

私たちは、SXSWや他のインディペンデント映画祭を支援していますが、このオンライン映画祭が、その経験を少しでも還元し、観客が見る機会のないアーティストや映画を紹介する一助になればと思っています。

開催は北米のみとなるが、この未曾有事態の時期に「Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection」として映画祭が開催されることは喜ばしいことでもある。詳細の日時はSXSWから近日中にアナウンスされる。

[SXSW2020] SXSW、Amazonライム・ビデオと「Prime Video presents the SXSW 2020 Film Festival Collection 」開催へ