韓国出身の歌手ジェジュンエイプリルフールSNSで「新型コロナに感染した」と嘘を公表し、物議を醸した。これを受けてジェジュンは謝罪文を公表、問題の投稿はすでに削除されている。

東方神起メンバーとして活躍し、現在はJYJのメンバーのほかソロ活動も多いジェジュン。彼が4月1日エイプリルフールに自身のInstagramで「政府からの警告を無視して不注意な生活をしていたため、新型コロナに感染して入院中だ」と投稿したのだ。

その数時間後「ウイルスに対する認識を高めたかっただけ」として、感染しておらず「エイプリルフールジョークだった」と明かした。するとこの投稿に非難が殺到し、大炎上する騒ぎになってしまった。問題の投稿はすかさず削除され、アカウントも一時的に停止した。

ジェジュンはその日のうちにInstagramを再度更新、謝罪の言葉をこのように綴っている。

「これは、やってはならない行動でした。SNSに書いた文章によって新型コロナウイルスにより被害を受けた方々や、業務に支障が出た方々に心から申し訳なく、謝罪いたします。」

嘘の投稿は新型コロナウイルスの感染被害を最小限に抑えるため、警戒心を持って欲しかったからだと理由を述べたジェジュンは、密閉空間などで起きる感染拡大を恐れているという。さらにマスクを着用せずに生活する人たちには「もっと警戒心が必要だと思う」と伝え、メディアインターネットからの注意喚起に「お願いだから、耳を傾けてほしい。痛みを体験しないで欲しい」とも訴えた。

そんなジェジュンは少し前に父親が肺がんの手術を受けており、何度も病院に通ったそうだ。感染のリスクを背負って働く医療スタッフの姿を間近で見ていたことや、周囲にも感染者が出ていることから新型コロナ感染が他人事ではないと感じていたという。

最後には「政府機関や医療機関で働く人々、そして指示に従って制限のある生活で過ごす人々を傷つけてしまったことを心からお詫びします」と記した。

なおこのたびのジェジュンの嘘について、批判の声のほかこのような意見もあがっている。

「ジェジュンを非難する人がいるけれど、彼に非常識なコメントをするのも良くないことだって分かってる? 彼はすでに謝罪したし、彼なりの意味もあるの。新型コロナで人は亡くなっているけれど、非難のコメントだって同じような結末になるのよ。忘れないで。」
「ただ単に彼を非難してはいけない。批判する前に、彼のメッセージにある意図を完全に理解するべきだ。」

画像は『J_JUN ジェジュン 2020年3月2日Instagram「2020.3.11. New Single Release Brava!!Brava!!RayofLight」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト