新型コロナウイルス感染拡大が続く中の4月1日エイプリルフール。普段はジョーク好きなハリウッドセレブたちも自粛モードだったが、意外な人物が「東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれた」とツイッターで発表したところ、誰も嘘だと気づかず、一部メディアで報道される騒ぎになってしまった。

新型コロナ、英ジョージ王子らが医療者たちに拍手でエール!

ビッグニュースをお知らせできるのがうれしい。2021年に東京でオリンピックの聖火ランナーに選ばれたのは信じられないほどの名誉です!」とツイートしたのは、『スタートレックシリーズのスールー役で知られる日系アメリカ人俳優のジョージ・タケイ。「世界中の人たちの目の前で、未来への希望のシンボルであるトーチに火を灯すのはとてもユニークな瞬間になることでしょう」と綴った投稿には、『スタートレック』の衣装や記念品などを並べて、トーチを手にしたジョージの写真が添えられていた。

日系であり、4月に83歳の誕生日を迎えるベテラン俳優の手の込んだエイプリルフールジョークにはフォロワーたちもまんまと騙されたばかりか、米FOXニュースでも事実として報道されてしまった。

思わぬ反響にジョージも驚いたようで、翌日に「そうです、みなさん。申し訳ありませんが、これはエイプリルフールいたずらでした。この暗い時期に少々軽薄だったかもしれません」と説明。「私があの火を灯すことはありませんが、私は、目に見えない敵に対する勝利と世界のコミュニティの再会の象徴と考えています」と、来年7月に延期された東京オリンピックへの期待を表明した。

重苦しいムードが広まる中にあって、不安を掻き立てるような内容ではないエイプリルフールジョークは、幸い好意的に受け取られたようで、「すっかり騙されたよ!」「もし本当にオリンピックの聖火ランナーに選ばれたら応援する」といったリプライが寄せられている。

FOXニュースも騙された、ジョージ・タケイのTwitter