新型コロナウイルスの患者家族にとって一番悲しいことは、愛する人の死に目に会えないことだ。それは病気と闘い一人で逝かなければならない患者にとってもつらいことであろう。米ワシントン州在住で75歳の母を持つ女性は医師から「感染した母親が助かる見込みは低い」と告げられ、もう母と会うことは叶わないであろうと覚悟をしていたのだが…。『FOX 2 Detroit』などが伝えた。

ワシントンキング郡イサクサの高齢者福祉施設に入居していたキャロランガンさんCarolann Gann)は、同施設で新型コロナウイルスに感染し、地元のスウェディッシュ・イサクサ病院に入院していた。しかし容態は思わしくなく、娘のミッシェルベネットさん(Michelle Bennett)は医師から「助かる確率は10%ほど」と告げられて愕然とした。

そして入院から1週間後の3月25日午後10時頃、ミッシェルさんは担当看護師のタチアナさんから「キャロランさんの呼吸が弱くなっている。もう長くはないだろう」と連絡を受けた。もう二度と母の姿を見ることができないだろうと覚悟したミッシェルさんだが、タチアナさんは最初の電話から10分後、数名の看護師らと一緒に防護服に身を包み、ミッシェルさんに再度電話をした。

ミッシェルさんはその夜のことをこう振り返っている。

「タチアナさんは自分の携帯電話を母の顔のすぐそばに置くと、ビデオ通話アプリFaceTime”で私と母を繋いでくれたのです。色々な思いが交錯する中で、母には『愛している』『母がいなくなったらとても寂しくなってしまう』と伝えました。切なさで胸がいっぱいになりました。」

「母のすぐそばにいる看護師には『手を握ってあげてくれませんか? 頭を撫でてやってくれませんか? 家族がすぐそばにいるかのように接していただけますか?』とお願いしました。するとある看護師は『お母さんは一人じゃないわよ。彼女の最期までそばにいますからね』と言ってくれたのです。」

「母と話を終えた時です。防護マスクをした看護師が号泣しているのがわかりました。母の手を握り、母の頭を撫でる看護師らの姿も見えました。胸が熱くなり『ああ、母は一人じゃない』と改めて感謝したのです。」

キャロランさんはその後、静かに息を引き取っており、ミッシェルさんは母を看取った看護師について次のように語った。

「最前線で働く彼女たちは感染のリスクを背負い、毎日が闘いです。そんな状況下でも、看護師らはまるで自分の母親のように思いやりと情をもって接して下さいました。母は38年間、看護師として多くの人を救い、そして看取ってきました。その母が今度は逆の立場に立ち、現役の看護師らに救われたのです。母が生きていたら、きっと同じことをするでしょうね。」

「母との関係は良い時もあれば悪い時もありました。でも最後に『愛している』と言えたこと、きちんと別れを告げられたこと、そして母に『私がしたことを許してね。私もあなたのしたことを許すから。そしてもう十分頑張ったから、逝ってもいいんだよ』と伝える機会を作ってくれたことには、心から感謝しています。」

画像は『FOX 2 Detroit 2020年4月1日付「‘Mom, it’s OK for you to go’: Nurse helps woman say goodbye to her dying mother via FaceTime」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト