cover_e11


 大切な愛犬が突然行方不明になってしまったら、飼い主は不安と心配で落ち着かない日々を過ごすことだろう。

 アメリカのオレゴン州で、1匹のラブラドール・レトリバーが、飼い主宅から姿を消す出来事が起こった。

 しかし、地域のバスの運転手が犬を連れた男性の不審な行動に気付き事態を察知したおかげで、犬は無事に飼い主のもとへ戻ることができた。

―あわせて読みたい―

また会えて本当に良かった!盗まれた愛犬をネット上で偶然発見。奇跡の再会を果たす(カナダ)
8か月の間、ずっと会えると信じてた。忘れることなんてできなかった。少年と犬の奇跡の再会物語(アルゼンチン)
自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)
愛犬を連れて車で旅行していた一家が食事中に犬を盗まれる。地元メディアの協力を経て犬を所在が明らかに(アメリカ)
盗まれた犬、善意の輪による連係プレーで4日間かけて3200km離れた場所から飼い主のもとへ(アメリカ)


TriMet bus driver saves dog from being stolen

バスの運転手、走行中に不審な男を発見

 昨年のことだ。オレゴン州ポートランドの交通公社TriMetバスの運転手マイクことマイケルトーマスさんは、走行中に公道の真ん中を男性と犬が歩いているのを見た。

man and dog_e


 男性はラブラドール・レトリバーの首輪を掴むようにしており、その姿にまず違和感を抱いたマイクさんは、ひとまず衝突を避けるためにハザードライトを点滅させてバスを停止させた。

 すると、男性はバス停で待っていたかのようにバスに近付き、乗り込んできた。

man_e


 だが、男性は犬を路上に放置したままだったため、マイクさんは「あれはあなたの犬?」と尋ねると、男性は「そう。でも大丈夫だから」と返してきたという。

 マイクさん自身犬が大好きで、路上に犬を放置しておくことは安全ではないという思いから、「犬を連れて来ないと。路上にいさせたままではダメですよ」と男性に伝えた。

 通常、TriMetでは犬をキャリアーに入れている場合もしくは介助犬や盲導犬の場合は、乗車を許可している。しかし、マイクさんは例外を作ったのだ。

次々と不審な点に気付く

 マイクさんに言われた男性は、犬を呼びバス内へ促し、犬の口にテニスボールをくわえさせた。

 マイクさんは最初から「何かがおかしい」ことに気付いていたため、走行中も男性の行動を気にかけていたところ、男性が乗車している女性客に犬を売ろうとしている声を聞いた。

man and woman_e


 これらの様子は、バス内のCCTV(監視カメラ)に捉えられていた。

 更に、マイクさんが男性に「犬をいつから飼っているのか」と尋ねると、男性は「今日から引き取ったってとこかな」と曖昧な返事をし、犬の名前を聞いても答えられなかったという。

 この犬は、男性に正式に引き取られたのではない。そう気付いたマイクさんは、犬が運転席の近くに来た時、首輪のタグを確かめた。すると「クーパー」という名前と飼い主宅の電話番号が刻まれてあった。

男性を降ろして犬を保護

 男性が犬を盗んだことを確信したマイクさんは、男性が犬を連れてバスを降りようとする際、犬の首輪を掴んで「犬を飼い主のもとへ返す」と伝えた。

man got off_e


 男性はそのまま何もせず、一人でバスを降り、犬はマイクさんとバスに乗り続けていたが、テニスボールをくわえておとなしく座っており、マイクさんはとてもよく躾が行き届いていると感じたそうだ。

 走行中、常連の乗客にも事情を伝え、クーパーを気にかけてもらいながら、マイクさんは最終地点までバスを走らせた。

 その後、マイクさんから通報を受けた交通警察が、クーパーの飼い主宅へ連絡した。

飼い主、マイクさんに大きな感謝

 クーパーの飼い主は、ポートランドに住むジェーンマーフィーさんという女性で、ジェーンさんは愛犬が行方不明になって気が気ではなかったが、発見の知らせを聞き深く安堵した。

 クーパーを守ってくれたマイクさんには、感謝の気持ちを込めて無事に戻って来たクーパーの写真を送った。

 5月2日TriMetはマイクさんとジェーンさんが直接会えるよう手配をし、2人は初めて顔を合わせた。もちろん、クーパーも一緒だ。

greetings_e


 クーパーは、助けてくれたマイクさんをちゃんと覚えていた。マイクさんが、クーパーのためにと持ってきた骨のおやつを差し出すと、クーパーは大きく尻尾を振ってマイクさんにじゃれついた。

 ジェーンさんは、マイクさんに改めて深い感謝の気持ちを伝えた。

woman


この世界には、彼のような素晴らしい人がいるのだと実感しました。クーパーを失っていたら、私たちの人生は違ったものになっていたでしょう。

 クーパーは、子犬の頃からジェーンさんに飼われており、この時4歳になったばかりだったという。

 犬が大好きなマイクさんだったからこそ、不審な様子を素早く察知し、クーパーを救うことができたのかもしれない。

 このニュースを知った人からは、「飼い主がどれだけ安堵したか気持ちがわかる」「マイクさんは表彰されるべき」「なんて素晴らしいバスドライバーなんだ」「犬が傷つけられたかもしれない状況から守ってくれたマイクさん、ありがとう」といった声が寄せられている。

References:Western Journalなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288271.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ほっとけないよ!飼い主を決して1人にさせないペットたちのいる風景
イカの模様はコトバだった?体色の変化でコミュニケーションをとるアメリカアオリイカ
支配権は人類から山羊へ?コロナで封鎖中の町を120頭もの野生の山羊が占拠中(イギリス)
お母さんみたいでしょ?孤児になったシマウマの赤ちゃんの為、ゼブラ柄の服を着てお世話する飼育員(ケニア)
やきもち焼きのハスキー犬。飼い主の電話中、かまっての猛攻撃

―知るの紹介記事―

新型コロナウイルスは地球の振動にも影響を及ぼしていた(ベルギー研究)
火星には起源が異なる2種類の水がある(米研究)
お母さんみたいでしょ?孤児になったシマウマの赤ちゃんの為、ゼブラ柄の服を着てお世話する飼育員(ケニア)
そして盆栽は世界の趣味へ、盆栽専用サイト「JAPAN BONSAI」がオープンしていた件
月面基地の建築材料に宇宙飛行士の尿を利用した資材が検討されている(ノルウェー研究)
男性が連れていた犬に違和感を感じたバス運転手、犬が盗まれていたことに気づき飼い主に返す(アメリカ)