「もう刑務所には戻りたくない。本当です」

 しかし、と男は言葉を継いだ。

「二度とやらないという自信はありません」

 2019年2月、長崎拘置支所の薄暗い面会室で共同通信長崎支局の石川陽一記者と向き合った男は、うつむいたままつぶやいた。

何度も性犯罪を繰り返し、女性を傷つけてきた

 男の名は寺本隆志。2018年6月、たまたま通りかかった7歳の女児のスカートをいきなり背後から引きずり下ろして転倒させ、両膝に打撲を負わせるなどして、強制わいせつ致傷で逮捕され、拘置所で初公判を待っていた。

 寺本が逮捕されるのは初めてではなかった。これまで何度も性犯罪を繰り返し、女性を傷つけてきたのだ。

 最初の犯罪は1992年東京都北区で妻子と同居していた寺本は、同じアパートに住んでいた女子中学生を刺殺。さらに、逃亡先の長崎市でも別の女子中学生の体を触った上で、高層マンションの踊り場から突き落として殺害した。

 約20年の服役を終えて出所すると、移り住んだ広島市で13年、強制わいせつ事件を起こして懲役4年の実刑判決を受けた。そして再度の出所後、半年もたたずに今度は長崎でまた逮捕された。

自ら「極刑」を希望したが……

 長崎で逮捕されたとき寺本は65歳。40代からの四半世紀、殺人、強制わいせつでの逮捕、収監、出所を繰り返してきたことになる。

 最初の殺人罪で逮捕されたとき、寺本は自ら「極刑」を希望している。少なくともそのときには罪を悔いていたはずだ。

 それなのに、なぜ、彼は更生できなかったのだろうか——。

 共同通信長崎支局の石川陽一記者は、この疑問を胸に拘置所を訪れた。

160センチに満たない小柄な老人だった

 長崎拘置支所で石川記者と向きあった寺本は、160センチに満たない小柄な老人だった。小さな背中を丸めてさらに小さくし、冷たいパイプ椅子に座り、体と声を震わせながら話す姿はとても他人に危害を加えるような人間には見えない。

 寺本はカーキ色のハンカチを両手で持って口元に当て、石川記者との間にあるガラス窓に顔を近づけてぼそぼそと話す。表情や語り口は柔和だが、目はほとんど合わせようとしない。

 犯した罪について石川記者が問うと、寺本は丁寧に言葉を選びながら説明した。

「精神的なストレスがたまると気持ちが落ち込み、やけっぱちになってしまう。すると心のコントロールを失って過去に自分がやった犯罪のことを思い出し、性的な衝動を抑えられなくなります」

「決してロリコンではありません」

 幼い女の子が好みなのか、と石川記者が尋ねると即座に否定する。

「決してロリコンではありません。同年代と仲良くなることもあったし、成人した女性の方が良い。でも性犯罪で狙うとなると、大人は私の体力的に厳しい。だから小さい子どもを標的にしてしまう」

 寺本は広島の事件で服役中に、刑務所で「再犯防止プログラム」を受講している。これは性犯罪で収監された受刑者を対象に、週2回程度、1回1時間半ほどのグループワークを実施するもの。受刑者に性に対する自身の認知の歪みを自覚させ、罪を犯した背景や再犯対策を考えさせる。プログラムの中で性犯罪の被害者が書いた手記を読むこともあった。

「私が言うのも変ですが、やられる側はこんなにショックを受けるのだな、と。怒りが痛いほど伝わってきました」

 プログラムでもっとも印象的だったのは、過去に起こした事件の被害者の立場になって加害者の自分宛てに手紙を書く課題だったという。

「自分がやったことの酷さを初めて思い知りました。私は罪から逃げ続けてきたのだな、と現実を突きつけられました」

 寺本は両目をぎゅっとつむり、こみ上げる涙をこらえながらそう語った。

深く反省したはずなのに、また犯罪を繰り返す

 約25年前、寺本は2人を殺害し逮捕された。自ら「極刑」を望み、刑務所では「再犯防止プログラム」を真面目に受講し、「精神的に落ち込むと自分より弱い女性を襲ってしまう」という自分の犯罪傾向を理解した。それなのに、出所後、すぐにまたしても性犯罪を犯して逮捕されてしまう。

 深く反省したはずの寺本はなぜ犯罪を繰りかえしてしまったのか。寺本が語る再犯へ至った生活とは。なぜ衝動は抑えられなかったのか。そして長崎の事件の判決が出たときに見せた寺本の「本性」とは——。

 犯罪とは何なのか、更生とは何なのか。寺本と接見を繰り返し、その後は手紙のやり取りを通じて寺本の内面へと迫った石川記者による「『ある性犯罪者』衝撃の告白」は「文藝春秋」4月号と「文藝春秋digital」に掲載されています。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年4月号)

「性犯罪者」の男と面会した長崎拘置支所