インド中部チャッティースガル州ラーイプル在住の夫婦に先月27日、男女の双子が誕生した。赤ちゃんは“コロナちゃんCorona)”と“コヴィット君(Covid)”と名付けられたことから注目され、『Times of India』などが詳細を伝えている。

ロックダウン都市封鎖)に置かれたインドで、新型コロナウイルス感染症の正式名「COVID-19coronavirus disease 2019)」にあやかり、産まれたばかりの双子に“コロナちゃん”と“コヴィット君”と名付けた夫婦が注目を浴びている。

母親のリーティ・ヴァーマさん(Preeti Verma)に妊娠合併症の症状がみられたため帝王切開での出産となったが、双子は2900グラムと2700グラムで誕生し健康上の問題はないという。

リーティさんは双子の出産や名付けの経緯について、次のように語っている。

「陣痛が始まり、地元政府が運営する救急車を呼んで『ドクタービームラーオ・アンベードカル・メモリアル病院(Dr. Bhim Rao Ambedkar Memorial Hospital)』に向かいました。夜中の12時頃でしたが、外出禁止令が出ているため何度か警察に止められ、本当につらい思いをしました。」

「病院に到着してからはあっという間で、45分以内に双子が誕生しました。子供たちをコロナとコヴィットと名付けたのは、こんな状況下で出産したことをいつまでも忘れることなく、特別なものにしたかったからです。」

「『COVID-19』という言葉を聞くと不安や恐怖を感じる人もいるかもしれませんが、双子にこの名前を付けることで、少しでもそういった感情が和らいでくれるよう願いを込めました。COVID-19は危険で命を脅かすものですが、その一方で人々はより衛生的になり、健康を気遣うようになったことは注目すべきだと思うのです。」

リーティさんは「病院のスタッフが双子をコロナとコヴィットと呼び始めるのを聞いて、この名前にしようと決意しました」と当時を振り返っているが、世界中から注目されたことで、『Metro』のインタビューには「もしかしたら、この先、双子の名前を変えることもあるかもしれません」と明かしている。

なおリーティさんは、すでに双子と一緒に退院しているという。

画像は『New Indian Express 2020年4月1日付「Meet Covid and Coronatwins born during the lockdown in Chhattisgarh」(Photo| EPS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト