4月3日に放送された「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、志村けんさんを追悼。2016年1月に出演した回を改めて振り返った。

【写真を見る】2016年に「ダウンタウンなう」に出演した志村けんさん

志村さんは、1999年、49歳の時に映画「鉄道員(ぽっぽや)」で高倉健さんと共演している。

坂上忍が「出るきっかけは何だったんですか?(オファーは)高倉健さんの方から?」と尋ねると、「僕の聞いたところでは、高倉健さんの方が『ちょっと共演してみたい』と言うんで。

あの役はないんですよ、本(台本)にはね。で、急きょ(役を)作って。本当は台本では寝てるだけだったんですけど『もったいないから酔わせて歩かせろ』って。現場で『酔って歌ってくれ』って言われて」と当時出演に至った経緯を語った。

■ やっぱり高倉健さん

それまで映画・ドラマなどには徹底して出演してこなかった志村さん。

しかし「鉄道員(ぽっぽや)」だけは「やっぱり高倉健さんっていうのは、僕ら子どもの時のスクリーンヒーロー。だったら一緒に映ってもいいかなって。記念ですもんね」という心情だったそう。

松本人志から「ドラマとか出ないんですか?」と聞かれても、「やる気はないですね、全然」ときっぱり。

坂上が「全然主役でありですよね?」と期待しても、「人に指図されるのが嫌いなんですよ」と、その理由を告白。

だが「いい作家がいて『こんなことをやりたい』って書いてもらって、自分で『こう撮ってくれ』って言えるんだったらやる気はある」という希望も語っていた。

そんな志村さんは、映画「キネマの神様」で、菅田将暉と“二人一役”を演じる予定だったが、残念ながらかなわなかった。

次回の「ダウンタウンなう」は、 4月10日(金)放送。ゲスト西川貴教、堀田茜が出演する予定。(ザテレビジョン

「ダウンタウンなう」には2016年1月に出演していた志村けんさん