3月27日から始まったナショナルロックダウン(封鎖)も8日目となった南アフリカ。外出禁止措置をしっかり守っていた人も、外出ができないストレスもあり気が緩みがちになってくる頃だ。不用意な外出をする者が多いことを見かねたヨハネスブルグ市は検問を開始、多くの逮捕者が出た。『News24』他複数のメディアが伝えている。

4月2日にベキ・セレ保安大臣(Police Minister)が、ロックダウン初日からの逮捕者が2289名に上ったことを発表した。その多くは新型コロナウイルス検査で陽性だったにもかかわらず自主隔離せず人が集まる場所へ行ったことや、ロックダウン中に不用意に外出していたこと、また閉鎖中の店に強盗に入ったことなどで逮捕されている。この数は現在の南アの新型コロナウイルス感染者1505名よりも多い。

4月3日だけでみると、ヨハネスブルグ市ではロックダウンルール違反で17名が逮捕された。同市は地元警察協力のもとタウンシップのソウェト(Soweto)近郊など2か所の道路で検問を行い、運転手や歩行者ロックダウン規制を順守しているかチェックを行った。

政府から外出禁止措置が免除されている企業で働く者は、それを証明する用紙を身分証明書とともに携行しなければならない。ヨハネスブルグ市長のジェフマクーボ氏(Geoff Makhubo)は、多くの人はその用紙を全く違う目的の際にも使っていると証明書の乱用を指摘した。このように多くの市民がロックダウンの法令を順守していないことから「警察に誤解を与えることは許されない。法令順守していない人は逮捕される」と注意喚起した。

逮捕された人も様々な言い訳を用意している。ある男は「祖母が亡くなったから病院へ向かう途中だ」と答えたが、警察が確認のため祖母の電話番号を問いただすと、男は「すみません、実は市内に住む彼女に会いに行くつもりでした」と白状し逮捕された。

市長はロックダウン中にもかかわらず、車の数が多いことにも言及。ほとんどの運転手がロックダウンの規制を守っていなかったことに懸念を示した。「一人一人が必要不可欠な場合以外は外に出ないよう、これは自身の健康と安全のためでもあり、また感染の増加を防ぐことにもなる」と改めて注意を促し、今後も検問を行っていくことを述べた。

画像は『EWN Reporter 2020年4月3日Twitter「#LockdownSA #Covid_19SA The city of Joburg’s operation on the N1 Western By-pass near Soweto.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト