6号機時代になり出玉スピードに関しては爽快感が増した台も多くなってきたが、やはりすぐに終わったり、ボーナスだけ強くてATが弱いという一発待ちもストレスだったりする人にとっては朗報となる咲-Saki-の新台が登場。さらに競馬ファンにもお馴染みG1シリーズライトミドルスペックで登場。確変にブチ込めれば高継続率でG1レースを連勝できる爽快感が待ってるぞ!

P G1DREAMROAD(サンセイアールアンドディ)

三冠馬を目指す本格競馬マシンは斬新システムゲートイン

 本物のレースさながらのグラフィックシステムで、競馬ファンからも絶大な支持を集めているサンセイの「G1」シリーズ。その最新作「P G1DREAMROAD」は、これまでにはない斬新システムを搭載して4月上旬から全国のホールで出走開始!

「P G1DREAMROAD」のスペックは大当り確率1/219.91のV確ループタイプで、確変割合は通常時と「三冠チャレンジ」中(特図1)が52%、「G1ドリームロード」中(特図2)が80%。ゲームの流れは、まずヘソスタートで初当たりを目指し、初当たり時の「確変チャレンジ」に勝利すれば二冠達成となって確変「三冠チャレンジ」に突入。

「三冠チャレンジ」で勝利を掴み取れば、最高状態である「G1ドリームロード」に突入だ。それぞれのレース突破率は50%超で、確変を2回連続で引くことをレースリンクさせた斬新システムは競馬さながらの手に汗握るような展開が楽しめるのだ。三冠馬となり最高状態へと到達すれば80%という高い継続率に加え、1500個大当り比率も50%ライトミドルタイプながらミドルタイプにも匹敵する万馬券級の出玉感が期待できるぞ。

 演出面でもプレイヤーの秘書として活躍する魅力的なキャラクター・有馬さつきが、出走までを完全サポート。あらかじめ名前を入力しておけばプレイヤーニックネームで呼んでくれる嬉しい機能も用意されており、打てば打つほど親密度が大幅アップ。大当りへとつながるレース中は、チャンスアイコンに注目しよう。演出でもスペックでも競馬の醍醐味をリアルに再現した「P G1DREAMROAD」は、楽しさも出玉感もGⅠクラスなのだ。

P ROKUROKU 6000Ver.(高尾)
(C)2014 雨宮慶太/ロクロク製作委員会


◆妖怪からの報酬は一撃6000の大盤振る舞い

 雨宮慶太氏が原作・総監督を務めた、2018年公開のネオ・サイバーホラー映画『ロクロク』。ろくろ首などの日本古来の妖怪をモチーフにした雨宮作品ならではの世界観が楽しめるパチンコ版「P ROKUROKU 6000Ver.」は、“ロク”をキーワードに4月上旬から全国のホールへの導入が予定されている。

「P ROKUROKU 6000Ver.」のスペックは大当り確率1/319.6のV確ループタイプで、確変割合はヘソが50%で電チュー100%(6回セット)。初当たり時の「ROKUROKUBONUSチャンス」で妖怪が図柄を“6”に変えたら「ROKUROKUBONUS」となり、1000個の大当り6回保証で一撃約6000個の大量出玉が期待できるのが大きな特徴。さらに6回セット終了後や初当たりでの通常大当り後には6or36or66or96回の時短(最初の6回転で「六怪勝負」に挑み、成功すれば「66封印モード」に移行)に突入、この間の大当りはROKUROKU BONUS濃厚となるため1000×6の衝撃がループすることも。

 RUSH中はストレスフリーの高速消化・怪速ヤクソクシステムと即当たり中心の演出で、ストレスフリーで大量出玉が獲得できるのも嬉しいポイント。出玉感がイマイチスピード感に欠けるといった新規則機への不満を妖怪たちが払拭する「P ROKUROKU 6000Ver.」で、“ロク”の魅力に取り付かれてしまうかも?

パチスロ咲-Saki-(サンスリー)
(C)小林 立/スクウェアエニックス清澄高校麻雀部


美少女たちの麻雀バトルは闘牌ATで頂点を目指す

 可憐な女子高生たちによる麻雀バトルが人気のコミックアニメ作品『咲-Saki』。遊技機でもパチンコとしてシリーズ化されていたが、このたび待望のパチスロ第1弾が登場。「パチスロ咲-Saki-」は4月上旬から、全国のホールで闘牌開始だ。

パチスロ咲-Saki-」のスペックは純増約4枚のATによる擬似ボーナスタイプで、ボーナスの獲得枚数はBIGが約120枚、REGが約60枚。BIGから突入が期待できる麻雀バトル「頂上決戦」は毎ゲーム勝利抽選が行なわれ、バトル勝利でボーナスループ確定だ。BIGは赤7揃いより白7揃いの方がバトル勝利期待度がアップ、さらにBAR揃いの親番BIGなら次回のバトル勝利が濃厚に。

 また、BIG中にはV獲得でバトルの勝利がストックされるほか、勝利ストック高確率の「自摸自摸チャンス」や「自摸自摸乱舞」、そして勝利期待度約90%で勝ち続ける限り終わらない「クライマックスバトル」といった多彩な出玉トリガーを搭載。またバトル中もナビが発生するため出玉減少区間がないため、しっかりとした出玉が期待できるのが特徴だ。

 演出でポイントになるのは、麻雀ならではのカンシステムスイカを引くたびに麻雀牌ゲットし、4つたまればカンが発動して通常時はATを、AT中はバトル勝利を抽選。またキャラクターによってモード示唆が行なわれる清澄モードシステムリーチ目高確率を示唆する百合の風邪演出など、原作の魅力が最大限に活かされているのもポイント美少女と麻雀とパチスロ、全ての楽しさを凝縮した「パチスロ咲-Saki-」で、その期待度はトリプル役満といっても過言ではないだろう。

スナイパイ71(ネット
(C)NET CORPORATION


◆6号機初のおしりマシンは赤と青で技術介入度を選択可能

 貧乳スナイパー『ミウ』が巨乳組織ビッグバーストと闘うという、ネットならではの世界観とキャラクターが人気の『スナイパイ』。プレイヤー自ら技術介入度を選べるというパチスロの新たな可能性を追求したシリーズ最新作「スナイパイ71」は、4月上旬からのホール導入が予定されている。

 ホールに並ぶ「スナイパイ71」でまず注目すべきは、筐体から放たれる光の色。が青く光る「スタンダードモード」は難易度低めの2コマ目押し、赤く光る「プロフェッショナルモード」は上級者向けのビタ押しとなっており、どちらの色を選ぶかで技術介入度を選択できるのが大きな特徴。目押しを要求された場面で成功した際には上乗せ枚数アップ、また勘が重要な押し順2択チャレンジに成功すれば上乗せが倍増と、腕とヒキ次第で大量上乗せが期待できるのだ。

 スペックは枚数管理型のAT機で、AT「殲滅大作戦」はガチバトルが繰り広げられる20Gの擬似ボーナス「アミヤバトル」や、小役を引くほど期待度がアップする10GのCZが主な突入契機。殲滅大作戦中はバトル勝利で技術介入が重要な上乗せ特化ゾーンおしりスナイプタイムOST)」に突入、さらに「おしりペンペンタイムOPT)」は最大99%のガチループで上乗せと、おしり狙いで期待感と興奮度もクライマックスに!

 通常時のポイントになるのは、押し順ナビ発生で獲得するコインの獲得枚数によるコインカウンター。枚数によってCZとアミヤバトル期待度が変化するので、枚数には常にチェックしていこう。またAT中の上乗せゾーンでありOSTへのメイン契機「ターゲットチャンス」も、コインが突入のポイントになっている。技術介入で出玉期待度を高めるというパチスロ本来の醍醐味、そしてネットらしさ満点のおしり演出にも魅了される「スナイパイ71」。赤か青か、あなたはどちらでチャレンジする?

【キム・ラモーン】
25年のキャリアを持つパチンコ攻略ライター。攻略誌だけでなく、業界紙や新聞など幅広い分野で活躍する。

パチスロ咲-Saki-(サンスリー) (C)小林 立/スクウェアエニックス・清澄高校麻雀部