以前、web明細にしましょう、と紹介したことがあります。(参考:『実はこんなにある!「web明細」のメリット』

メリットとしては、

1)紙の明細よりも早い段階で利用金額を把握できる
2)不正な利用履歴を把握しやすい
3)郵送コストがなくなるためポイントがもらえる
4)明細が有料化する場合も

と言う紹介をしましたが、最後の紙明細の有料化が増えています

JCBは2020年8月以降

JCBが発行しているクレジットカードの中でも、一部カードになりますが、紙の明細が送られる場合は1通当たり88円(税込)の手数料が発生します。

年会費無料のリクルートカード2020年8月11日支払い分の明細書から、2021年2月10日支払い分の明細書から有料化になるのがPeach CardJTBカード、JQ SUGOCA JCB、京王パスポートJCBカードなどです。対象カードは一覧になっていますので自分のカードがあるかを確認してみましょう。

ただし、対象カードであってもゴールド券種以上の場合は無料のまま。やはりこの辺も年会費が高いカードの方が手厚いですね。

年会費が無料のカードでも紙の明細を選択していた場合、80×12=960円(税抜)の年会費を払う事になるのです(明細がない月は送られない)。web明細にするだけで手数料は発生せず、オンラインですぐに確認できるようになりますので、今のうちからweb明細にしておきましょう。

三井住友カード2020年9月以降

三井住友カードの場合は2020年9月26日以降の支払い分より、1通当たり99円(税込)の手数料が発生します。

JCBカードとは異なり、基本的に個人カードであれば有料化の対象となりますので注意しましょう。こちらもゴールドカードプラチナカードは無料です。ただし、ゴールドカードとついていても、プライムゴールドカードヤングゴールドカードAmazon Mastercardゴールドは有料です。

こちらも早めにweb明細に変更しておきましょう。JCB三井住友カードアプリは使い勝手も○です。

三菱UFJニコスは既に有料化

三菱UFJニコスが発行するNICOSカードMUFGカードDCカードについては既に紙の明細が有料化になっています。1通当たり99円(税込)ですので、三井住友カードと同じです。

こちらも対象カードがそれぞれ表記されていますので確認してみましょう。

ただし、三菱UFJニコスweb明細はアプリが使いにくい......。紙の明細が有料であるなら、web明細アプリがもっと使いやすくして欲しいところです。

利用者も多いイオンカードは?

イオンカード2019年11月請求分から、明細書の郵送を希望する場合は、一部対象外カードがあるものの、基本的には110(税込)の手数料が発生します。

有料化のタイミングで、従来はweb明細にした場合は、同社のときめポイントが10ポイント(=10円分)獲得できたサービスも終了しています。

イオンカードではイオンウォレットというアプリがあり、明細の管理も可能です。

ジャックスも既に有料化

ジャックス2018年11月度の支払い分から紙のカード明細は有料となりました。1通あたり88円(税込)の手数料が発生します。

ジャックスも明細のアプリがないため電車の中で確認するなどはちょっと難しいでしょう。

JCB三井住友カードの大手が紙明細の有料化に踏み切っていますので、今後は他のクレジットカードも同じように有料化になりそうです。web明細にすると、数日前の利用状況なども把握できるため、不正利用にも強くなります。不例利用やecoの観点からもweb明細にするのがおすすめです。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイトポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイントカード生活』(自由国民社)等がある。