アル・サッドの指揮官を務めるシャビ氏と妻のヌリア・クニジェラさんが、バルセロナ市内にある病院に100万ユーロ(約1億1,720万円)を寄付した。4日に、スペインラジオ局『カデナ・セール』が報じている。

 今回の報道によると、シャビ氏とヌリアさんは病院が始めたハッシュタグキャンペーン「#responsecoronavirus」に参加。新型コロナウイルス感染拡大でひっ迫する医療を救うべく、100万ユーロを寄付したことを自身のツイッターで明かした。

「ヌリアと私は、新型コロナウイルスと戦う病院をサポートする。今回の寄付によって、病院は医療従事者の確保と患者のための設備を整えることができるだろう。皆さんも『#responsecoronavirus』に参加して、病院のウェブサイトにアクセスしてほしい。皆さんなりの貢献をしてもらえたら嬉しい。一緒に、前へ進もう」

妻と共に、病院へ約1億円を寄付したシャビ氏 [写真]=Getty Images