お笑いコンビダウンタウン松本人志(56歳)が、4月5日に放送されたバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。パワハラ報道のあったお笑いコンビTKOの木下隆行(48歳)について語った。

6か月間テレビに出ていなかったという木下は、この日番組に出演し、「正直に話す場をもうけていただいて、本当に感謝です」と述べ、報道にあった楽屋で後輩の顔にめがけてペットボトルを投げつけたこと、自身のブランド服を売ったりしたことなどを「事実です」と認めた。

木下の告白に、松本は「ちょこちょこ一緒に飲んだりする仲で、俺の中ではそんな暴力的なというか、そんな悪い木下を俺は知らないので、にわかに信じられへん部分もあったんやけど、まあたぶん、半分ノリな部分もあったんやろうけど、相手にそのノリが伝わってなかったらもうノリじゃないもんな」と語る。

さらに松本は「こういうことがあった時に後輩たちから、いやでも木下さんそんな人じゃないんですっていう声がね、あんまり聞こえてこないっていうところがちょっとね、俺は問題ありなのかなって思う。俺なんかは先輩やし事務所も違うから、いや、木下はそんなヤツちゃうねんけどって俺が言ったところで、何の効果もなくて。やっぱりね、木下の直接の後輩たちが木下を誰もかばってくれてないっていう状況を、しっかり受け止めるしかない」と続けた。

最後に松本は、自分の意見は参考にならないと言いつつも、「こういうことがあっても、俺は別に木下笑えてしまうのね。俺は一般の人の感覚ないから。どんなやつであろうが面白かったら俺は笑ってしまうんですよ」と話した。