世界中の人々が新型コロナウイルスの感染から身を守るため自宅で過ごすことを余儀なくされているが、このほどイギリスで一人暮らしをしていた男性が自宅で自己隔離を続けた末に孤独に耐えられず、自殺してしまった。家族の話では男性は双極性障害に苦しんでいたという。『Metro』『New York Post』などが伝えている。

先月27日、イギリスクローホーンに住むダニエル・ファーニスさん(Daniel Furniss、34)が、自宅で亡くなっているところを警察が発見した。一人暮らしをしているダニエルさんと連絡が取れないことを心配した家族が警察に連絡を入れたようだが、時すでに遅く彼は自らの命を絶ってしまった。

ダニエルさんは糖尿病を患っていたことから、新型コロナウイルスに感染した場合に致命的な状態になる懸念から自宅で自己隔離していたようだ。またダニエルさんは10代の頃から双極性障害に苦しんでおり、精神的な問題から仕事に就くこともできない状態だった。

そのためダニエルさんの妹チェルシー・ファーニスさん(Chelsea Furniss、28)は、ダニエルさんが精神的問題により一人でいる孤独感に耐えきれず自殺してしまったのだろうと明かしている。それを裏付けるようにダニエルさんは死の前日、Facebookに「精神的問題を抱えている人達にとって(政府の)ガイダンスは十分ではない」と投稿していたことが分かった。

チェルシーさんはダニエルさんについて次のように語った。

「兄は一人暮らしをしていましたが、毎日どこかへ出かけるようにしていました。ですが糖尿病を患っていたので感染リスクが高いとされ、自己隔離を余儀なくされたのです。多分その孤独が兄を追い詰めたのだと思います。私達家族は孤独を感じているのではないかと心配し、できる限り私達がいつも寄り添っているということを伝えてきました。」

「兄のように自己隔離しながらも苦しんでいる人々を救うために、もっと何かできるはずです。兄の死は、この問題について人々の認識を高めてくれることでしょう。」

亡くなったダニエルさんは19歳の時に同性愛者であることに気づき、その前から双極性障害と診断され、精神的な問題で苦しんでいたという。

ちなみにイギリスで自殺の防止を呼びかける慈善団体「Samaritans」の公式ウェブサイトには、自己隔離している一人暮らしや孤立するような状態にある人達の精神状態に何らかの影響があるのは普通のことだとし、ビデオメッセージや電話、テキストメッセージで会話することを推奨しており、「私達は社会的な繋がりを感じることが今以上に重要になります。そのためにも人と会話し、また他の人の話に耳を貸すようにしてあげてください」と呼びかけている。

画像は『New York Post 2020年4月3日付 「Man kills himself after beingpushed over the edge’ by coronavirus loneliness」(Facebook)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト