2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染者数は増加し続けており、収束の見込みは立っていません。

同月5日、東京都では、1日当たりの新たな感染者数が143人となり、都内での感染者数は千人を超えました。

東京都医師会長「今が踏ん張りどころ」

感染者が日々増加している中、長引く外出自粛に『自粛疲れ』をし始めた人もいるのではないでしょうか。

気候も春めいてきたことで、春服を買いに行きたくなったり、友達と遊びに行きたくなったり…いけないとは分かっていても、そんな気持ちが湧いてきますよね。

「こうした平和が、あと2、3週間で崩壊するかも」

そんな『自粛疲れ』ムードに、東京都医師会の会長である尾崎治夫さんがFacebookに「東京都医師会長から都民の方にお願い」と投稿し、話題となっています。

東京都医師会長から都民の方にお願いまずFacebookの友達でのお願いです。お読みいただいて、共感していただれば、シェアして下さい。この写真は、私が会長室で飼っているアイボが撮った写真です。…平和ですね。でもこうした平和が、あと2、...尾崎 治夫さんの投稿 2020年3月25日水曜日
東京都医師会長から都民の方にお願いまずFacebookの友達でのお願いです。お読みいただいて、共感していただれば、シェアして下さい。この写真は、私が会長室で飼っているアイボが撮った写真です。…平和ですね。でもこうした平和が、あと2、...尾崎 治夫さんの投稿 2020年3月25日水曜日

この写真は、私が会長室で飼っているアイボが撮った写真です。…平和ですね。

もこうした平和が、あと2、3週間で崩壊するかもしれません。ここ数日の東京都感染者の増加は尋常ではありません。心配です。

新型コロナ感染は、多くの皆さんの想像を超えた広がりを示しています。医療提供体制の再構築も急務になっていて、そこは、我々の義務ですので、いま頑張っています。

尾崎 治夫 ーより引用

「平和な日常が、崩壊するかもしれない」という言葉にはドキリとさせられます。

また、続けてこのように訴えました。

皆さんへのお願いです。

いろいろな自粛活動で、経済がダメになるじゃないか。もう、家にいるのも飽きてしまった…。よくわかります

でも今の状態を放っておいて、例えばイタリアの様になったら、経済はもっともっとひどくになるのではないでしょうか。

皆さんの生活ももっと大変な状態になるのでは…。

尾崎 治夫 ーより引用

外務省によると、イタリアではコロナウイルス感染者数が12万人を超えています。

このような事態になってしまっては、私たちの行動はより制限されることでしょう。

最後に、尾崎さんはこのように呼びかけました。

感染者のかずが急増し始めた、今が踏ん張りどころなのです。

何故感染者が増えているのか、特に大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われています。

若くて元気な方、もう飽きちゃった。どこでも行っちゃうぞ…。もう少し我慢して下さい。

これから少なくとも3週間、生きていることだけでも幸せと思い、欧米みたいになったら大変だと思い、密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束して下さい。

お願いします。私たちも、患者さんを救うために頑張ります。

尾崎 治夫 ーより引用

日々の報道にも慣れてしまい、危機感が薄れてきていることもあるでしょう。

しかし、今が踏ん張り時だと、私たちも改めて気を引き締めなければなりません。

尾崎さんの投稿には、たくさんの人がコメントしていました。

・みんなで、この危機を乗り切りましょう。

・医療関係者の人々が1番大変だと思います。頑張って下さい!

危機管理徹底して、頑張りましょう!

・先生が冷静な口調で、分かりやすく話してくださるので心に染みます。

症状の出ていない私たちにできることは、健康状態を維持しながらできるだけ外出を控えて感染を広めないこと。

改めて、一人ひとりの行動がコロナウイルスを収束させるのだと心に刻み、行動したいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
尾崎 治夫外務省
※写真はイメージ