韓国内で先週から販売スタート 概ね好意的な意見も…エンブレムの新デザインは不評

 韓国代表の新ユニフォームが公開されたのが、約2カ月前の2月。韓国を象徴する赤をベースにしたホームユニフォームと白虎の模様をベースにしたアウェーユニフォームは、サッカーファンに強いインパクトを与えていたようで、概ね好意的な声が多かった。

 しかし不評だったのがエンブレムのデザイン変更だ。大韓サッカー協会は、過去19年間使っていた虎のエンブレムのデザインを変えたのだが、韓国のサッカーファンからは「伝統と権威が落ちる」などと非難の声が続出していた。

 そんななか、韓国のナイキショップでは先週から韓国代表新ユニフォームの販売が開始されたという。実際にユニフォームを見たり、手に取ったファンの現場での反応を、韓国のスポーツ・芸能総合サイト「OSEN」が伝えている。

「本格的に(韓国代表の)ユニフォームが販売されたが、『写真よりも実物はいい』という反応が主流だ。あるファンは『写真で見た時はパターンがあまりにも好みでなかった。しかし実物は高級感があっていい』と語っていた」

 写真で見たよりも、実物を目の当たりにすると好意的な声が多かったようだ。

 ただ、やはりエンブレムのデザインについては不評のようで、同メディアは「『ユニフォーム自体はいいのに、エンブレムのデザインが玉に瑕だ』『昔のエンブレムに変えたらどうか』という意見が多かった」とも伝えている。

 個人的にもユニフォーム自体は真新しく、洗練されたカッコ良さがある。ただ、韓国サッカーファンと同じく、エンブレムは以前のデザインのほうが虎の“強さ”を感じる。ただこれも、徐々に見慣れてくるのだろう。新型コロナウイルスの影響で代表戦は延期となっているが、早くピッチ上での新ユニフォームのお披露目を待ちたい。(金 明昱 / Myung-wook Kim)

E-1選手権出場時(昨年12月)の韓国代表【写真:Getty Images】