メキシコから新型コロナウイルスの影響下で、自主隔離していた男性がスナック菓子のチートスが食べたくなり、ペットチワワに買い物に行かせたという話題が届いた。飼い主がSNSに投稿した写真にはチワワが店の前でチートスの袋をくわえて持って帰る姿があり一躍注目されたが、あまりにもできすぎた話に一部の人からフェイクではないかとの声もあがっている。

メキシコのヌエボ・レオン州モンテレイに住むアントニオ・ムニョスさん(Antonio Muñoz)が先月18日、Facebookに投稿した写真が注目を集めている。

メキシコでは現在、新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出をしないよう政府が呼びかけている。そんな中、自宅で自主隔離をしているアントニオさんは「自宅隔離3日目、チートスが食べたくなったよ」と記して、飼っている雄のチワワ“チョキー(Chokis)”が通りを挟んだ向かい側にある店までチートスを買いに行く様子を捉えた写真5枚を投稿した。

うち2枚の写真にはチョキーの首輪にメモが挟んであり、「店主さん、こんにちは! 僕の犬に赤じゃなくてオレンジ色のチートスを売ってください。首輪に20ペソ(約88円)が挟んであります。もしあなたがきちんと対応してくれない場合は、あなたを噛むかもしれません。通り向かいの隣人より」と手書きしてあった。

他の2枚の写真にはチョキーが路上で自分の身体半分ほどの大きさもあるチートスの袋を口にくわえている様子があり、チョキーが任務を完遂したと思った人達からは「面白かったよ。笑いをありがとう」「すごいね。どんな風に訓練したの?」などのコメントが寄せられていた。

アントニオさんは英メディアMetro』のインタビューに対し、「チョキーはこれ以外にも2回ほど、ポテトチップスを買いに行っているんだ。単純に同じことを繰り返し教えて訓練しているだけ」と話している。

しかし一部のSNSユーザーから、チョキーが路上でチートスをくわえている写真が、過去に別人が投稿したチワワの写真に似ているとの指摘があがってしまった。

確かに1年半前の2018年10月に別のユーザーが路上でチートスの袋をくわえているチワワの写真2枚をFacebookに投稿し、スペイン語で「うちのチワワパンチョは店からチートスを盗んで持ってきます」とあった。その写真はチョキーが路上でチートスを加えているものと全く同じに見えるが、実は“パンチョ”という名のチワワだったようだ。

今回、アントニオさん本人に真偽のほどを確かめるためにインタビューを試みたところ、初めは快く対応してくれたものの、具体的にチョキーが初めて買い物をした日やなぜ買い物に行かせることを思いついたかなどを訊ねたところ、途中から連絡が途絶えてしまった。

本人の確認が取れていないため断言することはできないが、アントニオさんがチョキーという名のチワワを飼っていることに間違いはなさそうだが、今回話題になった投稿写真のうち2枚は他人の写真を使用した可能性が高いと言える。

しかしアントニオさんの投稿に限らず、SNSには他人の話をあたかも自分に起きた出来事のように投稿する人も少なくはない。実際にアントニオさんの写真を使用して、他のTwitterユーザーが「隔離中の私のために犬がチートスを買いに行ってくれたわ」という“パクリ投稿”まであった。この投稿者の女性はフェイクだと指摘され、「目についた写真を使ってジョーク話を作った。それが何なの!」とこれを認めている。

SNS上でのフェイク投稿は数知れず、最近もカナダジャスティン・トルドー首相の妻ソフィーさんが新型コロナウイルスに感染していたことをうけて、彼女が苦しそうに咳をしながら人々に警告メッセージをするという動画が拡散したが、実は全くの別人でロンドンに住む女性感染者の動画にソフィーさんの名前を載せて何者かがSNSに投稿したのだ。

自宅での隔離を余儀なくされている今、SNSには話題作りのために真偽のほどが定かではない投稿が増えているようだ。

画像は『Antonio Muñoz 2020年3月18日Facebook「Día tres de la cuarentena Yo quería mis chetos」』『Memelicias 2018年10月2日Facebook「El es mi perro pancho, roba Cheetos del oxxo y me los trae」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト