「階段で遊んでいて転んだ」「外出先でおもちゃをなくした」。このような失敗をした子どもを、「そんなところで遊ぶからでしょ」「だから持ち歩くなって言ったでしょ」などと叱った経験のある親も多いのではないでしょうか。

 子どもの失敗の受け止め方や、叱るときの言葉について悩む親は多く、ネット上では「いつもきつい言い方になってしまう」「『怒る』と『叱る』の使い分け方が分からない」など、さまざまな声が上がっています。

 子ども失敗したとき、親に求められる意識や接し方とはどのようなものでしょうか。子育てアドバイザーの雨宮奈月さんに聞きました。

子どもタイプを見極める

Q.一般的に、失敗してしまったときの子どもは、どのような心理状態になるのでしょうか。

雨宮さん「失敗に対する心理状況は、お子さんの元々の気質と育っている環境でそれぞれ異なります。走って転んで『痛い』、おやつをこぼして『悲しい』、けんかをして『悔しい』…大人と同じで、子ども失敗したときはとても嫌な気分になるものです。

そして、その後に続くのが『○○(誰か)に怒られる!』かもしれません。怒るのは両親や先生、友達などさまざまでしょうが、相手が『どんな気持ちになるだろう』と想像できる子なら誰しも思うことです。よく怒られている子は失敗したときの自分の気持ちよりも、『また怒られちゃう、どうしよう』という感情の方が大きいこともあるかもしれません」

Q.子どもに対する「怒る」と「叱る」には、どのような違いがあると思われますか。

雨宮さん「一般的に『怒る』とは、漢字の中に『心』があるように“感情”の一つで、自分の感情を相手にぶつける意味合いが大きいです。一方の『叱る』は、漢字に『口』があるように、言葉で相手を指導することや、目上の人間が相手のことを思い、改善してほしいと強めの口調で教えるといった意味合いが大きいです。最近は『怒る』『叱る』の違いを意識して、子育てに取り組んでいる人が多いようですね。

ただ、子育てにおいて、子どもが何かしてしまったとき、冷静に何がいけなかったのかを上手に伝えられるとよいのですが四六時中、毎日のこととなると、怒らないで上手に叱るのは至難の業です。私も『先生』の立場でなら上手に叱れるのですが、『母親』としては正直そうもいかないことが多々あります。

逆に、冷静にならず感情的に怒ることも、時には必要だなと感じたこともあります。親も一人の人間としてわが子と対等に向き合い、正しいことばかりではなく、どう思ったかを真剣に相手にぶつけてもよいと思うのです」

Q.子ども失敗したとき、親が取るべき適切な行動や振る舞いとはどのようなものだと思われますか。

雨宮さん「子ども自身がどういうタイプの人間で、親がどういう反応(結果)を求めているかによって何が適切か変わってきます。子ども自身が失敗を悔やんでいる場合は、気持ちに寄り添ってあげるだけでよいときもありますが、その慰め方もタイプによって正解が変わります。失敗を次に生かしてほしいという場合もあるでしょう。

例えば、『自分が何もやる気が起きなくなるくらい大きな失敗をしたとき』に置き換え、誰かに慰めてもらうときに、どんな言葉を掛けてもらいたいか考えてみてください。きっと人それぞれ違うでしょうし、誰に言われるのかでも異なるでしょう。

・かわいそうに、つらいね 【共感型】
・そういうことをしなければよかったんだよ 【説教型】
・もしかすると、こうなんじゃない? 【分析型】
大丈夫、次にいこう! 【励まし型】
・違うことをしに出掛けよう 【代替型】
・そうだったんだね 【見守り型】
・しょうがないね、どんまい! 【気にしない型】

これを、『失敗して泣いている子どもに声を掛けるとき』で考えてみてください。元気になってほしいのか、一緒に解決したいのか、自力で解決できるように導きたいのか、声掛けの後にどのような“結果”を求めているかによって使い分けてみましょう。お子さんのタイプと反応を見極めながら、効果的なパターンを見つけてください」

「言う通りにしないから!」はNG

Q.一方で、子ども失敗したときに、親が言ってはいけない言葉やNG行動はありますか。

雨宮さん「どんな言葉が“前向きな行動”に結び付くか常に意識し、やる気をそいだり、意味もなく傷つけたりする言い方はしないよう心掛けましょう。

また、子どもの人格を否定するような言葉は絶対にNGです。例えば、つい言ってしまいがちな『ほらみたことか』『言う通りにしないから』というせりふは、親がスッキリするためだけのものです。子どもをやり込めようとせず、腹が立ったら7秒数えて心を落ち着かせ、感情的な言葉を選ばないようにしましょう」

Q.それでも、つい感情的になって怒ってしまうこともあり得ます。フォローするよい方法はありますか。

雨宮さん「『感情的になってしまった!』と思ったら謝ることです。何となくごまかしたり、子どもの機嫌を取ったりするようなことはせず、できればその日のうちに『さっきはごめん』と伝えて、お互いのモヤモヤをスッキリさせましょう。

親が立場を押し通さなかったことで、子どもはフェアに感じ、叱ったことの効果も生まれます。叱るべき事柄以外では怒らない、無視せず切り分けて考える、といったことができれば、反抗期・思春期にも同じように向き合えます。

ちなみに、私は『仲直りしよう』という言葉は使いません。けんかをしているわけではなく、あくまでも、言わなければいけないことを親として言っただけだからです。叱った後は『叱ったり怒ったりしたけど、あなたを大好きなこととは別だよ』ということをしっかり伝えてあげてください」

Q.子どもの失敗を上手に受け止めるために、親が日頃意識しておくべきこととは。

雨宮さん「あらかじめ、ある程度の失敗を想定しておくことです。許容範囲内で失敗体験をさせてあげればよいのです。許容範囲は時と場合によるので、親の時間や気持ちに余裕があるときに、進んでチャレンジさせるとよいかもしれません。失敗することはマイナスではないので、親自身が動じずにじっと見守る姿勢が大事です。

例えば、小さい頃からわんぱくにたくさん転ぶ経験をしてきた子は、手を前について受け身が取れるようになるものですが、転ぶ経験から遠ざけられて安全に育ってきた子は、一度転ぶと上手に受け身が取れず、大けがにつながることもあります。

たくさんの失敗経験が、子どもの心と体を成長させてくれるものです。その上で、『次は気を付けようね』と成長を促せる前向きな声掛けをして、次のチャンスに親子で目を向けるとよいでしょう。親が何でも先回りせず、子どもが自分自身の経験則で失敗を回避できるように見守ってあげることが大切です」

オトナンサー編集部

子どもが失敗したとき、どう声を掛ける?