各種メディアで「スポーツジム」が新型コロナウイルスの感染源として報道され、運営企業は臨時休館などの対応に追われました。

 しかし、利用者とトレーナーが1対1で個室にて相対するパーソナルトレーニングが主体である「ライザップRIZAP)」においては、店舗内外への感染被害抑止として、消毒・清掃・換気、手洗いうがいなどを徹底したことで、大方の予想に反して営業を継続できています(※4月6日時点)。

 それは、新型コロナウイルスが拡大しやすい「不特定多数が長時間同じ空間に密集する状況」になりにくいことも関係しています。

ブラック企業アラート(@blackc_alert)」が、身近な企業を題材にして、企業の状況の調べ方・見極め方を解説する本連載。今回はパーソナルトレーニングサービスなどを運営するRIZAPグループ株式会社ライザップ)を題材にしました。

業績:2019年度は赤字。今年度は黒字転換なるか?

 ライザップでは営業継続のみならず、テレワーク在宅勤務)や他社のジムに通えない運動不足解消を目的として、トレーニング動画の無料配信を実施するなど、機動的な対応もしています。

 その一方で、ライザップ2019年5月頃に業績不振を大々的に報道しており、そのイメージが強い人もいるでしょう。ライザップの業績回復のチャンスはあるのか? 公開情報から読み解いていきます。

 まず売上額・利益額推移を表にしたところ、売上額は伸び続けているものの、利益額はFY2019で一度、赤字に転落しています(FY2020は第3四半期(3Q)までの値ですが、現時点では利益額も黒字となっています)。このFY2019の赤字転落が起きた理由について、決算短信・決算説明資料から示していきましょう。

ライザップ
図:ライザップの売上額・利益額推移(FY2008-2019決算短信・FY2020第3四半期決算短信をもとに筆者作成)
 ライザップは頻繁に企業の買収を行っており、各社の事業内容も多岐にわたります。

 そのため、事業セグメントの再編もこの12年間で5度行われており(FY2010・FY2013・FY2014・FY2015・FY2019)、これらをすべて網羅すると、この記事単体では扱えないボリュームになるため、赤字転落したFY2019に絞って議論を進めていきます。

3つのセグメントの業績は?

 まず、2019年度の利益額について、事業セグメントごとの状況を確認します。2019年度は3つのセグメントに分けられており、各セグメントの説明は下記の通りです。

・美容、ヘルスケア…パーソナルトレーニングジム「RIZAPライザップ)」及びRIZAP GOLF等のRIZAP関連事業の運営、体型補正用下着、美容関連用品・化粧品・健康食品スポーツ用品等の販売等

ライフスタイルインテリア・アパレル雑貨・カジュアルウェア・意匠撚糸等の企画・開発・製造及び販売、注文住宅、リフォーム事業等

・プラットフォーム…エンターテイメント商品等の小売及びリユース事業の店舗運営、フリーペーパーの編集・発行、出版事業等、開発・企画/生産/マーケティング・販売等といったグループ全体のバリューチェーンの基盤となる事業

プラットフォームセグメントの概況

ライザップ
図:ライザップの主要グループ企業構成(2020年3月期 第3四半期決算説明資料p.58 より引用)
 これを踏まえて、2019年会計年度のセグメント別利益内訳を確認します。

=====
美容・ヘルスケア:11億3,600万
ライフスタイル:▲3億4,800万円
ラットフォーム:▲55億3,800万円
調整額(セグメント間取引消去又は各報告セグメントに配分していない全社費用によるもの):▲46億3,800万円
小計:▲93億8,800万円
=====

 つまり、もっとも損失が大きかったのは「プラットフォーム」セグメントに属する事業でした。

 次に2019年3月期決算短信のうち、「1.経営成績・財政状態に関する分析」項目内の「(1)経営成績に関する分析」のうち、(プラットフォーム)の項目を読みます。この項目で取り上げられている企業は下記2つでした。

ワンダコーポレーションゲーム・音楽・書籍などの販売・リユース業を営む
・ぱどフリーペーパー・地域情報提供サービスを営む

 ぱどは2019年3月期においては営業黒字を達成しました(しかし、2019年12月に畑野幸治氏へ売却され、12月10日付でぱどはライザップの連結子会社から外れています)。

ワンダーコーポレーションが赤字の要因

 その一方で、ワンダコーポレーションについては「営業利益段階においては黒字を確保いたしましたが、商品評価損等の構造改革関連費用を計上したことで、経常利益等については大きく赤字を計上しております」とある通り、大きな赤字の主因となっています。

 しかし、ライザップの決算短信記載のみでは、原因が具体的に理解しにくいので、今回は例外的にワンダコーポレーションの同じ期の決算短信の記載も併せて確認しました。

=====
 また、今後の事業構造改革の早期化による一層の収益改善を図るべく、当社の収益構造改革を早期に進めることが当社の経営再建に不可欠である一方で、エンタメ市場全体における市場縮小が数年来継続しており、過年度から積み上がったリスク資産を一括で処理しない限り経営再生は非常に困難であると判断し商品評価等を見直し、さらに、不採算事業・店舗からの撤退に関連する費用を含め「事業構造改善費用」を特別損失として4,855百万円計上したことから親会社株主に帰属する当期純損失は5,159百万円となりました。
ワンダコーポレーション 2019年3月期決算短信 p.1より引用)
=====

大胆な構造改革を行ったライザップ

 したがって、ライザップ赤字転落の最大の要因は、ワンダコーポレーション社における、「過年度から積み上がったリスク資産の処置費用」「不採算事業・店舗からの撤退に関連する費用」がまとめてのしかかったためだと言えそうです。

 なお、ライザップがFY2019決算時に「構造改革関連費用」の内訳として提示していたのは、

・戦略的な店舗閉鎖等:40億円
・商品在庫の評価減:40億円
のれん減損、その他:13億円

 この3種類でした。ワンダコーポレーションの損失は「商品在庫の評価減」「戦略的な店舗閉鎖等」に分類されると考えられるので、他の買収企業群でも、同様のコストカットを実行していたとみるのが妥当でしょう。今期(FY2020)については、この大胆な構造改革が功を奏したためか、第3四半期段階で黒字を達成しており、今後の動向に注目が集まります。

RIZAP業態の近況は?

RIZAP
RIZAPグループ株式会社がある「新宿フロントタワー」photo by Mountainlife CC BY 3.0
 一方、RIZAP関連事業(美容・ヘルスケア)については、先述の通り、全体で赤字転落したFY2019においても、セグメント売上・利益ともに黒字を維持しています。

 冒頭でも記載した通り、2020年の2~3月も営業を継続できていたため、客足の変動による影響は同業他社と比べて、比較的軽微に抑えられていると考えられるでしょう。

 また3月2日には「効率的な筋力トレーニングを促すたんぱく質の配合比率」について2つの大学との共同研究に参画したことを発表。ライザップは食品プロデュースにも積極的なため、今後どのような成果が発表されるのか気になるところです。

現場の声:組織的な統制はあまりない

ライザップ
RIZAPグループ株式会社の口コミトップopenworkより引用)
 働く側としてはどうでしょうか。口コミサイトを確認していきましょう。

 各種口コミサイトは転職支援事業をビジネスにしており、各企業がクライアントにもなっている関係上、著しい悪評は公開されないようになっています。その制約を踏まえて、現場の声を確認していきます。

良い点:
・裁量が広く、様々な業務に携われる
・意欲が高い社員が多い
・自分自身で業務を作ることができる

気になる点:
・残業がやや多い(34.5時間/月)
・有休消化率が低い(54.7%)
・年収の幅が広い(300万~700万円)
イエスマンが優遇されやすい

 たびたび報道されている名物社長の瀬戸健氏のリーダーシップが強力である反面か、組織的な統制があまりない傾向が伺えました(口コミを見ても、瀬戸氏への社内での評価は賛否両論あるようです)。

 業務領域(美容・トレーニング)に前向きな興味が持てる方であれば、意欲をもって働けると考えられます。ただし、条件面での気になる点(残業・有休消化率・年収)が比較的多くあり、ここに折り合いがつけられるかどうかが決め手になりそうです。

ライザップ「ホワイト/ブラック度」判定

ライザップ★★★☆☆

 一度赤字転落をしたものの、構造改革にもある程度の成果を出せていることと、祖業のパーソナルトレーニング事業については、着実に業容を拡大しているため、今後の復活・業務拡大に期待が持てます。

 ただその一方で、働く側としては今後の見通しを持ちにくい印象を持ちました。そのため、★3つとしています。

TEXTブラック企業アラート

【ブラック企業アラート】

ブラック企業を生き抜いた歴戦のプロダクトマネージャーが、公開情報からホワイトorブラックを判定し、率直な理由とともにお伝えします。twitter:@blackc_alert、note:ブラック企業アラート

ライザップ 神宮前店