moon-2238023_640_e

G4889166 from Pixabay

 2020年4月8日、また満月がやってくる。4月の満月ピンクムーンと呼ばれているが、ピンク色というわけではない。

 だが今回の満月はスーパームーンだ。月が地球に最も接近した状態での満月なので、いつもよりも明るく大きく見えるはずだ。

 満月には浄化作用があると言われている。今月も大きな月の光を浴びて、身も心も清めていこう。

―あわせて読みたい―

月の神話は本当なのか?満月が人に与える影響を科学的に検証する
今日は2019年最後の満月、コールドムーン!空を見上げて今年を生き抜いた自分をほめてあげよう(12月12日)
新年最初の満月「ウルフムーン」は1月11日、半影月食とともにやってくる
2月の満月「スノームーン」がやってくる!自信を取り戻し、また前を向いて歩こう(2月9日)
3月の満月「ワームムーン」は3月10日。いつもよりすこし大き目でやってくる。心身を浄化できるチャンス到来!

4月の満月はピンクムーン

 その昔、人々は月の満ち欠けを暮らしに役立てていた。毎月の満月に伝統的な呼び名がつけられており、アメリカの農業暦(The Old Farmer’s Almanac)によると4月の満月ピンクムーンと呼ばれている。

 実際に月がピンク色になるわけではないが、春分の日から最初の満月となる4月の満月は、アメリカに自生するピンク色の花をつけるツルハナシノブの開花の時期と重なることが多いことからピンクムーンと名付けられたそうだ。

primula-catchfly-117426_640_e

Hans Braxmeier from Pixabay

ピンクムーンはスーパームーン!明るさは約3割増


 月が地球をめぐる軌道は真円ではなく、楕円形をしている。だから27.3日の公転周期には、月が地球にもっとも近づく「近点」ともっとも遠ざかる「遠点」がある。

 この近地点を通過するときに満月か新月を迎えれば、月の見かけ上の大きさは最大となる。これがスーパームーンだ。

 なおスーパームーン天文学の正式な用語ではない。元々は占星術の用語なのだそうで、それゆえに厳密な定義はないようだ。

 遠地点では一番小さく見える「マイクロムーン(2020年10月31日の満月)」に比べて、満月のスーパームーンは14%大きく、30%明るくなるという。

ocean-2728188_640_e

Kristendawn from Pixabay

何時ごろ空を見れば良い?4月7日深夜から8日未明まで


 日本時間では、4月8日(水曜)未明の3時9分に最接近(地球と月の距離は約35万6900キロ)し、11時35分に満月を迎える。

 ただし東京から見て月が一番近いのは、7日23時23分のこと。今年最大のスーパームーンを観察するなら、7日の夜中から8日の明け方までがチャンスということだ。

 天気予報によると今のところ幸いにも全国的に良いお天気に恵まれそうだ。

duisburg-4733266_640_e

K. Kliche from Pixabay

ピンクムーンとスーパームーンのダブル効果で幸せを呼び込もう


 4月の満月てんびん座の位置で起こる。

 占星術によるとてんびん座は「バランス」を意味する。今や世界的なパンデミックにより日常のバランスが崩れてしまった人も多いだろう。もしかしたらこの満月が、失われたバランスを取り戻すチャンスをもたらしてくれるかもしれない。

 もともとピンクムーンには幸せを運んでくるという言い伝えもあるそうだ。更に今回はスーパームーンだ。なんだかとっても縁起が良さそう。

 月は、当たり前の日常が続いていた過去と、現在、そして今を乗り越えた後の未来もずっと変わらず地球を回り、見守り続けてくれている。

 さあ、今月も空を見上げて月と一緒に宇宙の旅をしてみよう。

written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289523.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

50年間社会的距離を置き山小屋で1人暮らす男性が、自宅待機中で葛藤する人々におくる5つの暮らしのヒント
レゴブロックは最大で1300年、海中で形を変えず残存することが判明(イギリス研究)
世界最大のドッグショーで、審査基準を超えて愛された犬(イギリス)
体の半分がオスで半分がメス。雌雄モザイクの不思議な蜂が発見される(パナマ)※昆虫出演中
「スパゲッティの木」1957年のイギリスのエイプリルフールネタから得られる教訓とは?

―自然・廃墟・宇宙についての記事―

知られざる自然の驚異。水の代わりに大量の岩石で埋め尽くされたロシアにある「石の大河」
新型コロナウイルスは地球の振動にも影響を及ぼしていた(ベルギー研究)
水平線を七色に彩る美しい虹。こんなときだからこそ、心に潤いを(アメリカ)
火星には起源が異なる2種類の水がある(米研究)
異星人は地球人?かつて地球の古代生命体が彗星に乗って地球から脱出していたという説(米研究)
4月の満月はスーパームーン!今年一番明るく大きな月となるピンクムーンが4月7日深夜から8日、地球を明るく照らす