お笑い芸人のゴリけん(46)が新型コロナウイルスに感染したことを所属事務所ワタナベエンターテインメント4月6日に公表した。福岡を拠点に活動するゴリけんとお笑いコンビ・パラシュート部隊(斉藤優・矢野ペペ)の冠番組『ゴリパラ見聞録』(テレビ西日本)が公式Twitterで6日午後4時過ぎに「番組では出演者やスタッフの安全を考慮して、当面の間新作OAを見合わせと致します」と告知する一方、ゴリけんはTwitterで2日にももいろクローバーZの冠番組『ももクロChan』(4月7日深夜放送予定)に出演することを報告していた。

『ゴリパラ見聞録』は日本全国を対象に旅をする「行き当たりばったりの珍道中バラエティ」をテーマにしておりフジテレビ系列などでレギュラー放送、CS放送・フジテレビONEでも放送されている。

少しずつ知名度が上がったことや似たような演出方法から「九州の水曜どうでしょう」と呼ばれ、番組のファンである香川県出身の本広克行監督による尽力もあって『さぬき映画祭』で『水曜どうでしょうディレクター陣(嬉野雅道藤村忠寿)とのコラボが実現するまでになった。

ゴリけん」という芸名は、彼が中学2年生の頃にラジオ番組『SCHOOL’S OUT』を聴いて以来大ファンになったミュージシャンの大友康平1998年に命名したものだ。ゴリけんの親しみやすいキャラクターを知る視聴者は、なおさら彼が感染したことに胸を痛めているのではないだろうか。

『ゴリパラ見聞録』Twitterが「番組では出演者やスタッフの安全を考慮して、当面の間新作OAを見合わせと致します。ゴリけんさんの1日も早い回復を願うとともに、またOAで元気な姿をお届けできればと思っております」と投稿したところ、「ゴリけん! 頑張れ!! 皆様もご自愛ください」、「ゴリさぁーん コロナに負けるんな」、「剣道で鍛えた精神力でコロナに打ち勝って下さい!」といった激励コメントが寄せられた。

そのゴリけんは4月2日Twitterで「なんと! ももクロChanに出さしてもらいましたよ!! 佐々木さんありがとうございました!!」とつぶやいており、『パラシュート部隊斉藤優』インスタでも4月1日ももクロメンバーと『ゴリパラ』メンバーが並ぶロケでのオフショットを投稿していた。

そうなるとロケを行った時期が気になるところだが、『ももクロChan』公式Twitterは6日に「テレビ朝日でOA予定の『ももクロChan』企画、ゴリけんさん出演の“こってりパトロール”は、2020年2月中旬に収録したものです」と説明して「1日も早い御快復をお祈り申し上げます」とツイートしている。

ももクロChan』のアカウントだが、「ゴリけんさん、お大事にです! 今は、耐える時、頑張る時ですね。1人だけじゃない皆で頑張りましょう!!」、「ゴリけんさんは九州の宝です。きっと回復してくれると信じてますので、次回のこってりパトロールを楽しんで視聴します!」と反響があり、ゴリけんの人気がうかがわれる。

ワタナベエンターテインメントによると、ゴリけんは3月29日朝に37.3度の発熱があり仕事を休んで自宅療養。翌日は熱が下がったので仕事を再開したが、4月4日に再び38度の発熱があり福岡県内の医療機関でPCR検査を受けたところ5日に陽性が判明した。

4日の発熱以降は自宅と医療機関のみを移動しており、呼吸器症状や味覚・嗅覚の異常はなく自宅待機中で病院が決定したら入院する予定だ。なおこの期間に収録した番組の関係者には、陽性の判明後すぐに報告し対応をお願いしているという。

画像は『パラシュート部隊斉藤優 2020年4月1日Instagram「なんと! ももクロChanにでます!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト