Gif: Andrew Liszewski(Gizmodo US)

おうち時間を楽しく。

家で暇だなーって人、簡単お手軽にアートの世界に触れてみませんか? GoogleArtsCultureアプリアップデートされ、新機能「Art Transfer」が追加されています。マシンラーニングを使って、自分のセルフィーを有名アート風にして楽しめますよ。

数年前に「Art Selfie」機能が流行ったの覚えてませんか? 自分のセルフィーに似ている芸術作品を教えてくれるってやつ。SNSでよく見かけましたね。あれの進化版とも言えるのが、今回のArt Transferセルフィー(その他好きな画像)に、芸術作品加工を施せるのです。もし、ムンクが、バスキアが、ゴッホが、アンディ・ウォーホルが、私の絵を描いてくれたら…という夢のような画像ができてしまいます。

Screenshot: Andrew Liszewski(Gizmodo US)

Art Transferは、Google人工知能チームが作ったアルゴリズムモデルを使い、ユーザーの画像の色味を変え、テクスチャを施し、ときに大胆にフレーミングからし直してアートな一枚を作り出します。オリジナルの画像とは、まったく異なる結果になることもあり、まさに芸術!

画像プロセスアプリ内で行われるので、アプリダウンロードしてしまえば、加工時のネット接続は不要。子どもも安心して遊べますね(SNSで画像・GIF画像をシェアできる仕組みがあるので、それはネット接続いりますけれど)。

これを機に、いろんなアーティスト子どもと学び、特徴をディスカッションしてみてはどうでしょう。おうちでできる美術の時間です。

ArtsCultureアプリは、Android/iOSに対応。