ファビオ・カペッロ氏が、自身がイングランド代表を率いて迎えた2010年南アフリカワールドカップ(W杯)について振り返った。イギリスガーディアン』が報じている。

カペッロ監督率いるイングランド代表は、DFジョン・テリー(現アストン・ビラコーチ)やMFフランク・ランパード(現チェルシー監督)、さらにMFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)やFWウェイン・ルーニー(現ダービー・カウンティ選手兼コーチ)といったスター選手が揃っていたが、GKにはやや難を抱えていた。

デイビッド・ジェームズ(当時ポーツマス)、ロバート・グリーン(当時ウェストハム)、ジョー・ハート(当時マンチェスター・シティ)の3人を本大会メンバーに選出していたものの、誰かがポジションを掴んでいたわけではなく、誰が起用されるか直前まで分からないような状況であった。

カペッロ氏は、初戦となったアメリカ戦でグリーンをGKに抜擢。試合はジェラードゴールで先制したが、前半40分にアメリカのFWクリント・デンプシーが放った難しくないシュートグリーンが後方へ逸らして追いつかれてしまい、1-1の引き分けに終わった。

カペッロ氏は2戦目以降のGK起用に関し、選手たちの意見を求めたことを明かした。

「誰もがミスをする。グリーンはミスを犯したので交代させた。私はカラミティ(ジェームズのあだ名:信じられないようなミスを犯すことを揶揄)を代わりに入れた。グリーンハートはまだ若かった。選手たちに『ハートか?カラミティか?』と聞いたんだ」

「選手たちから信頼を得ていたので、カラミティを選んだ。テリーとディフェンダーたちはジェームズに信頼を寄せていた。ハートは一度しかプレーしていなかった」

結局、2戦目以降はジェームズをGKに起用。グループリーグは何とか2位で通過したものの、決勝トーナメント1回戦のドイツ戦に1-4で敗れ、敗退している。

サムネイル画像