米津玄師ミュージックビデオ「馬と鹿」が、4月7日(火)5時25分、YouTubeでの再生回数が1億回を突破した。

MV公開より、217日、約7ヶ月での達成となった。また、自身の楽曲でYouTube上での再生回数が1億回を突破したMVは10作品目となる。

MVは「Lemon」「Flamingo」も手がけた山田智和が監督を務め、100人以上のキャストによる圧巻の映像作品。リリースから約半年以上を経過してもなお勢いは衰える事なく、合算150万セールス(CD50万枚、ダウンロード100万枚)を突破。幅広い世代に支持されてロングセラーとなっていることを改めて示した。

米津玄師のMVは「Lemon」が日本人アーティスト最多となる5.4億再生を、次いで「打上花火」3.4億再生、「アイネクライネ」2.4億再生をはじめ、1億再生超えタイトルは本作で全10作品となった。(『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『打上花火』『パプリカ』『馬と鹿』)

YouTubeチャンネル登録者数は日本人アーティストとしてトップの483万人になり、チャンネルの総再生回数は26億回越えと、日々記録を更新中である。

米津玄師は、TBS金曜ドラマMIU404』に書き下ろし新曲「感電」を主題歌として提供することが発表されたばかり。

楽曲は初回放送にて初オンエアされるので、是非チェックしてもらいたい。

米津玄師