7日(火)は、本州付近は高気圧に覆われて晴れる所が多いでしょう。月曜よりは雲が広がりやすいですが、大きな天気の崩れはない見込みです。北海道の雨や雪も次第に止み、7日は天気が回復に向かうでしょう。前線に近い南西諸島では夕方頃にかけて雨が降りやすい見込みです。

ただ、北日本の天気回復は束の間で、8日(水)朝には前線を伴った低気圧が北日本に達し、上空に強い寒気を伴った別の低気圧が夜には北日本に接近する見込みです。このため北日本や北陸では天気が崩れ、日本海側では雷雨となる所もあるでしょう。山陰や近畿北部もにわか雨の可能性があります。

また、9日(木)以降は関東あたりでも不安定な空模様が続き、週末にかけて雷雨となる日もありそうです。週後半は変わりやすい天気ですので、最新の気象情報をこまめに確認することをおすすめします。

気象予報士・佐藤 温子)

4月7日(火)午前11時発表の週間予報