そこで今回は、結婚式マナーおしゃれを両立してくれる羽織りものの選び方を紹介します!こだわりのドレスに合わせて、羽織りものもおしゃれな着こなしで結婚式に参列しましょう♡

【詳細】他の写真はこちら



■まずは確認!結婚式の服装のマナー

出典:photoAC

結婚式のおよばれコーデで気をつけたいポイントをおさらいしましょう。

結婚式の服装でNGなものはあるの?
結婚式参列者のドレスコードは、一般的にはセミフォーマルが適しているといわれています。ガーデンウェディングや二次会ではもう少しカジュアルでもOKですが、基本的に参列者は露出が多すぎるデザインノースリーブドレスには気遣いが必要です。露出が多いデザインドレスワンピース結婚式に参列する場合は1枚羽織りましょう♡また、足元は素足やカラータイツ、ヌーディなサンダルはふさわしくありません。パンプスやストッキングでコーデするのもポイントです。

・羽織りものを選ぶときの注意点は2つ
*上品なデザインを選ぶこと結婚式ではカジュアルすぎる羽織りものはNG。上品なデザインを選ぶのがおすすめです。光沢のある生地もOK!*レザーや毛皮は適さない殺生を連想させるレザーや毛皮は結婚式の羽織りものとして適さないのでご注意を。

結婚式では羽織りもので差をつけたい!おしゃれに見せるためには?
羽織りもの次第でドレスコーデがランクアップバリエーションや着こなしをまとめてみました。

ジャケット

出典:@ saaaay_kさん

結婚式コーデの羽織りものにジャケットを選ぶとカッチリとした印象になります。ノーカラーデザイン結婚式コーデには合わせやすいですよ♡大人女子におすすめの着こなしはズバリ肩掛け!ドレスカラーに合わせてどんなカラージャケットを選んだら良いかみていきましょう。



出典:@ yoko178loveさん

@yoko178loveさんのコーデのようにダークカラーオールインワンにライトカラージャケットを合わせると全体の印象がグッと明るくなります。ジャケットオールインワンやパンツスタイルに合わせやすいアイテムです。



出典:@ saaaay_kさん

ネイビーやブラックジャケットなら中のドレスはベージュ系の明るめカラーがおすすめです。羽織りものがダークカラーだと落ち着いた印象になります。




カーディガン

出典:@ saaaay_kさん

どんな服装にも合わせやすいカーディガン結婚式コーデに取り入れるなら光沢のある生地やボタンデザインにこだわったものを選ぶのがおすすめです。デザインによってはカジュアルになりすぎてしまうので上品なアイテムを選びましょう。



出典:@ saaaay_kさん

おしゃれに着こなすならカーディガンジャケットと同様に肩掛けを♡ネイビー×ホワイトの組み合わせは清楚感があります。



出典:mamagirl2019夏号

ブラックドレス×ブラックカーデのダークカラーコーデも、カーデを肩掛けで着こなせば軽やかな印象に。足元や小物はさし色に明るいカラーを持ってくると◎!



出典:@ yoko178loveさん

肌寒い季節のガーデンウェディングといった外のセレモニーであれば、アウター代わりにもなるロングカーデもアリ!ホテルウェディングではなく、少しカジュアルな会場ならこんなおしゃれも素敵ですね。




ボレロ

出典:photoAC

ボレロは丈が短いのが特徴。ウエストを高く見せてくれて脚長効果が期待でき、ワンピースとの相性が抜群です!ベージュ系の明るいカラードレスならダークカラーで引き締め、ブルーブラックなどダークカラードレスならベージュやオフホワイトボレロを合わせるのが◎ワントーンでまとめるのもアリです♡素材は軽い生地や光沢のある生地、レースまでさまざま。ボリュームがあるボレロだとゴージャスな印象に。明るい色味だとかわいらしい印象にまとまりますよ。




・ストール

出典:@ saaaay_kさん

光沢のある生地やシースルー生地のストールを肩にかけて、フロントバックで結べばかわいい印象に。シックな色合いをさらっと肩に掛ければ大人っぽい印象になります。肌寒い季節は1枚持っていると安心できるアイテムです。

■羽織りもののセレクトでコーデのイメージがガラッと変わる

出典:photoAC

結婚式は特別なオケージョン!とびっきりのおしゃれをして楽しみたいですよね。せっかくならドレスだけでなく羽織りものにもこだわりましょう。羽織りものを変えるだけでドレスの印象がガラッと変わりますよ。お気に入りを複数用意しておけば、結婚式が多い時期にドレスを着回したいときにも活躍します。おしゃれな羽織りものでアカ抜けコーデを楽しんでくださいね
(mamagirl
掲載:M-ON! Press