新型コロナウィルスの流行に伴い、リモートワーク時差出勤が推奨され、多くの企業で働き方の見直しが行われる今日この頃。一方で、理由がどうであれ仕事を休めない、早朝出勤・深夜残業は当たり前といったブラック企業も存在します。

ブラック企業
※画像はイメージです(以下、同じ)
 某証券会社に勤めるタケダさん(仮名・25歳・男性)に、大学生である筆者が普段のOB訪問では聞けない質問をぶつけてみました。

「会社をブラックだと思ったことはほとんどないです」と話す彼ですが、どこか浮かない様子。もう少し踏み込んでみると「仕事外での理不尽な扱いが多いです」とのこと。いったいどんな仕打ちが……。

「上司を楽しませる」ハードな飲み会

 タケダさんの会社はとても飲み会にこだわる会社だといいます。

「ここ最近はコロナ騒ぎで飲み会は自粛傾向ですが、普段は忘年会はもちろん、部のちょっとした飲み会も、若手が幹事を任されます。飲み会がつまらないとその場でダメ出しされ、嫌なムードになるので数週間前から入念に準備します。

 ムービー制作やレクリエーションの用意は当たり前。しかも、上司がいるときに準備をしていると怒られるので準備をするのは上司がいない早朝、夜遅くになります」

 ただでさえ忙しい仕事の合間に、「自分はいったい何をやっているんだろう」と思うことも多いといいます。

「準備から飲み会が終わるまで気が休まることはないので、飲み会は仕事よりも大変で、気軽に上司に『飲みに行きましょう』なんて言えません。それに、飲み会だけでなくランチも気軽に誘えません」

初めてのランチで驚愕「これって奉公?」

ブラック企業

 入社してから間もない頃、軽い気持ちで付いていった初めてのランチでタケダさんは衝撃を受けたそうです。

「礼儀作法をこれでもかというくらい叩き込まれました。普通、会社の人とのランチでそこまでする? というような、食事の作法やお会計の仕方はまるで『奉公』でした」

 さらに驚愕した“若手ルール”も……。

「なんと、若手は自分でメニューを選べないんです。上司がメニューを見るや否や『お前はこれ食べろ』と言うんです。お金は出してくれるのですが、頼む量も多く、残せないのできつかったです。

 自分みたいな入社したての若手は、卓上に残ったものもすべて食べさせられるので、尚更でした。今ではロボットのようにこなすようになりましたが、まったく楽しくないですね(笑)

罰ゲームで服を破られることも

 同僚には、さらにひどい仕打ちを受けた人もいるのだとか。

「体育会気質が根強い会社なので、こういったハラスメント的なことを言われることは多かれ少なかれ、どの部署にもあると思います。過激なものだと、飲み会罰ゲームで服を破られた人もいるらしいです。

 無茶ぶりを言っている人からすると冗談なのかもしれませんが、それが上司から言われたものだと、受け入れるしかないと思うのも無理はないですし、本当に理不尽だと思います」

 しかし、意外にも、こういった仕打ちを割り切って受け入れられているというタケダさん。その理由は……。

理不尽な仕打ちを受け入れられる理由とは?

後ろ姿

「今、自分がやりたい仕事はできている上、オフィスはきれいで、何より同世代の友人と比べて給料がいい。飲み会はひどいんですけど、仕事がプライベートに割り込んでくるってこともそれほどありません。それが僕の仕事の原動力です(笑)。仕事外の理不尽な業務も若い内と割り切ってやっています」

 それでも辞めたくなる瞬間はないのでしょうか?

「現時点で、投げ出したくなるくらい嫌だと思っていたら、もう辞めているだろうし、もともとそういう耐性が自分にはあったのかもしれません。業務外の部分はブラックだと感じますが、本来の業務に関してはブラックだとは思いません。

 だからブラック企業なのかと聞かれると判断が難しいです。入社して数年しかたっておらず、まだまだこれからという部分がありますし、他の企業を経験したことないので一概に判断は出来ないです」

 理不尽と感じる基準は人それぞれ。多くの人にとって、自分の会社は白黒つけられない“グレー”な存在なのかもしれません。

― 特集・令和の「ブラック企業」事件簿 ―

<取材・文/ミヤケイツキ イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【ミヤケイツキ】

政治、メディアを専攻する大学生。座右の銘は「思い立ったが吉日」。嫌いな花粉はスギ花粉