新型コロナウィルス感染症の影響により、残念ながらファンは現地参加できなかったものの、「FAN GATHERING『閃光のハサウェイ』Heirs to GUNDAM」が、3月24日Zepp DiverCity(TOKYO)より配信。

【写真11枚】FAN GATHERING「閃光のハサウェイ」Heirs to GUNDAM

世界的な人気を誇るガンダムシリーズ最新作のメインキャスト主題歌アーティストの発表や、1988年公開の『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の深堀りトークなどが実施されました。

2018年に公開された『機動戦士ガンダムNT』に続く、「UC Next 0100プロジェクトの映画化作品第二弾として制作されている『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、ガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季氏の手によって書き下ろされた小説全3巻が原作。

全3部作として映画化される『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の続編的位置付けとして、小説版の要素も盛り込みつつ制作されているとのこと。

「FAN GATHERING『閃光のハサウェイ』Heirs to GUNDAM」は、1979年TVアニメ機動戦士ガンダム』から『機動戦士ガンダムNT』までの歴代宇宙世紀サーガ作品が振り返られるダイジェスト映像上映からスタート

ファンの期待が高まる中、1988年に公開された『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』について、深堀トークが実施される運びとなり、アムロ・レイ役の古谷徹さん、シャア・アズナブル役の池田秀一さん、アニメ評論家の藤津亮太さん、映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のプロデューサーを務める小形尚弘さんが登壇しました。

今や国民的アニメキャラとなったアムロシャアの因縁の対決が描かれた映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』。公開当時を振り返り古谷さんからは、「(シリーズ作品が作れる中で)僕らがメインではなくなった中、アムロシャアががっぷり四つに組んで戦うというのは嬉しかったですね」と語り、池田さんは「サブタイトル逆襲のシャアですから、やっと我が世の春がきたかなと思いましたよ(笑)」と回答されました。

ファンの間でも人気が高く、年を重ねて観るほど内容を実感できる作品ですが、中学生の頃に本作を観たという小形プロデューサーは当時内容を理解できなかったと話すと、藤津さんは「逆襲のシャア」というサブタイトルには大きな期待感があったと語ります。

富野監督は大人の男性に観てほしいと当時語っており、それが印象に残っています。大人になってから観た方が、アムロシャアの感情がよりわかるのではないか」と解説。

少年から20代後半となったアムロは、男の哀愁を背負ったキャラクター像としても描かれており、古谷さんは歴代女性キャラの中でも「(過去作に登場した)ベルトーチカが苦手で(逆襲のシャアに登場した)チェーンがドストライクでした」と語り、笑いに包まれました。

映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』をはじめ、富野総監督の作品といえば、「富野節」とも呼ばれる印象的な独特のセリフ回しが特徴。

池田さんは演じる中で「富野さんのセリフって、台本上では日本語として正しいの? と思うこともありますが、しゃべってみると不思議と活きてくるんです」と感じていたことを明らかに。

話題は原作小説版『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』へ移り、当時の担当編集者にして現・株式会社KADOKAWA 代表取締役副社長の井上伸一郎さんへ藤津さんが行ったインタビューの映像が公開。

井上さんは「当時は「逆襲のシャア」が最後のガンダムになるかもしれないという状況で、(映画に登場した少年時代の)ハサウェイの行く末が気になっていたんです。せめて小説で見てみたいという気持ちから富野さんに話を持ちかけたんですが、その話を聞いて富野さんはすごく静かで、そういう注文がくると予想をされていたと思いますね」と企画の成り立ちを説明されました。

映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が公開されたころはSDガンダムブームもあり、シリーズの新しい形が見出されていましたが、原作小説版『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、累計部数130万部のベストセラーに。宇宙世紀の物語を渇望しているファンは、アニメ化を長らく渇望していたと藤津さんと小形さんらが解説されました。

注目のメインキャストがお目見え!

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のメインキャストがお目見え!

深掘りトークのあとは、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のクライマックスシーンを再現した朗読が行われ、32年の刻を超えてアムロ役の古谷さんとシャア役の池田さんが熱演。

続けて映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイメインキャラクターボイスが解禁された特報が上映されました。

そして、いよいよメインキャストがお目見えとなり、ハサウェイ・ノア役に小野賢章さん、ギギ・アンダルシア役に上田麗奈さん、ケネス・スレッグ役に諏訪部順一さんが起用されたことが正式に発表! 新キャスト3名を交えて映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の深堀りトークに移行します。

起用された瞬間について聞かれた諏訪部さんは、「やったー! という感じで嬉しかったですね。とても出演したい作品だったので、宇宙世紀に生きられると思うと感無量です」と回答。

上田さんは、「嬉しい反面、プレッシャーが大きくて正直逃げたいという想いが強かったです。そう感じつつも、今の自分だからこそできることを一生懸命演じていきたいです」と緊張の面持ちでコメント

そして小野さんは「最初は信じられなかったです。だんだん実感に変わってきてプレッシャーを感じていますが、やるしかないので一生懸命やっていきます」と決心を語られました。

ここで古谷さんから小野さんにアドバイスが。

劇団ひまわり出身ということで僕の後輩にあたるのですが、ほかと一線を画したビッグタイトルであるガンダム主人公をやると、人生が変わります。『機動戦士ガンダム00』のときに(主役を演じた)宮野真守にも同じことを言いましたが、彼の人生もだいぶ変わったと思います。

役者として食いっぱぐれることはなくなって、古谷家は40年間ガンダムに支えられました(笑)。そうするためにはハサウェイというキャラクターを、自分のニュータイプぶりを信じて、感情に任せて思いっきり演じればいいと思います。小野君なりのハサウェイを演じてください」と熱い想いを継承されました。

そもそも、約30年前に刊行された小説の映画化をなぜ今行うのか?という疑問には小形プロデューサーが回答。

「僕はアムロシャアの行く末が気になってモヤモヤしていたら、本屋で原作小説を見つけて読んでみて思っていたものと違うショックを受けた世代なんです。改めて読み直してみると、社会情勢が預言書みたいになっていて、今だからこそ観てもらいたいと思い映像化しました。

小説家としての富野さんの名声を高めたいと思っていて、その思いもありますね」と話されました。

続けて藤津さんは富野監督原作を他人が監督することが初めてであると指摘し、本作の村瀬修功監督の起用の件を質問。

小形さんは「刊行された当時映像化するなら富野さんが自らやっているはずですが、今の時代に映像化するとき、これから作ったものを何十年と愛してもらうためのフィルムにしなくてはならないんです。そして、富野さん自身は現在新しいものを作りたいという気持ちが大きい。『機動戦士ガンダムUC』のときにスタッフとしてご一緒した村瀬監督ですが、実写的な映像アプローチ素晴らしいと感じたんです。

村瀬監督に合わせて、キャラクターデザインリアル寄りにしました。等身大に近い芝居がほしくて新たなキャスティングにもなりましたし、富野さんはじめ(これまでハサウェイを演じてきた)佐々木望さんたちにもお話しして、今に至っています」と回答されました。

富野さんは、同じく制作会社のサンライズ第1スタジオ劇場版Gのレコンギスタ』全5部作を絶賛制作中。村瀬さんはアニメーターとして富野監督の『機動戦士ガンダムF91』に参加しており、その手腕を認められています。

小形プロデューサーは「最初の挨拶はすんなりといったんですが、後日富野さんは、アニメーター出身の演出さんの弱点をまとめたメモと参考映画を持ってきていましたね」と振り返ります。

アフレコも半分くらいまで進んでいると話した小形プロデューサーは、声優陣に対して「今の25歳に近い感覚で芝居をしてほしい」とオーダーを出しているとのこと。

キャラクターの人物像について、諏訪部さんはケネスに関して「ぱっと見は優男のように見えますが、れっきとした軍人なので、ほと良い感じの大人なんです。ビジュアルを初めてみたとき、自分の中でいけそうだと感じました」と話します。

小形プロデューサーは「30代半ばのバツイチということで、キザな部分があるんです。諏訪部さんの声にある芯の強さが、ケネスのコアにある軍人としての怖さにも繋がるかなと選ばしていただきました」と続けます。

ギギ役の上田さんは「(ギギは)はじめ大人っぽい美しい人だと思ったんですが、よくよく見ていくと少女のようなところもあると印象が変わりました。

大人の女性と可憐な少女、両方とも持ち合わせていると思いオーディションをしていくと、それに加えて危うさも感じられるようになってきて。そのあたりも魅力的な女性だと思いました」と回答。

小形プロデューサーからは「この物語はギギで動いているようなものなので、重要な役になります。

すごく難しいキャラクターなのですが、オーディションアプローチが上田さんだけ違っていたんです。可憐な少女のようでいて、ミステリアスさもあることにスタッフ一同頷きました」とオーディション時の演技を絶賛していました。

ギギに関しては、担当編集だった井上さんの言葉を藤津さんが補足。「『機動戦士ガンダム』のララァ・スンから連なるファム・ファタール(男性の運命を変える女性)となるキャラクターで、メロドラマではないけれど、3人の感情の天秤が物語の大きなポイントになります」とのこと。

普段は身分を隠している主人公ハサウェイも、ふとしたときに喪失を抱えた内心が出るという人物像。小野さんがどのようなアプローチで演技をするのかも気になります。

シナリオは3作目が執筆途中とのことで、原作小説の衝撃的なラストがそのまま描かれるのかどうかも未定と、小形プロデューサー

ガンダムシリーズといえば、モビルスーツをはじめとしたメカニックの存在も不可欠ですが、映像で動かすことを前提としていない大型モビルスーツペーネロペー3DCG技術を駆使して制作。村瀬監督によるVコンテやロケハンを活かしたディテールアップもはかられているとのこと。

主題歌はあの人気ロックバンド

主題歌アーティストとして発表されたのはロックバンド[Alexandros]

話題は音楽の話となり、『機動戦士ガンダムUC』の澤野弘之さんが担当している劇伴は、すでに完成していることが明らかに。

澤野さんのコメント映像も公開され「先日レコーディングを終えましたが、納得のいくサウンドができたと思います。今回は大人なガンダムを意識しているということで、音楽もそういうアプローチをしています。

メロディを押すよりもサウンドで構築しており、これまでとは違うものになっています」と話されました。

そして、本作の主題歌アーティストとして発表されたのは、デビュー10周年メモリアルイヤーを迎えたロックバンド[Alexandros]

驚きの起用に関して小形プロデューサーは「日本全国で上映されますが、ガンプラの売り上げは海外でも人気なので、ガンダムと一緒に海外に出ていけるアーティストがいいとお願いしました。

第1部のいちばんハサウェイテンションが上がっている時期に合わせて、アップテンポな曲になるといいなと思ったんです」と回答。

登壇した[Alexandros]の川上洋平さんからは、所属するRX-RECORDSのマネージャーガンダムファンガンダムの形式番号はRX-78-2)であることを明かし、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の本編中に「アレキサンダー」という表記があったことで運命を感じたというエピソードを披露。

主題歌自体は鋭意製作中とのことで、期待が高まります。

「FAN GATHERING『閃光のハサウェイ』Heirs to GUNDAM」の最後には、古谷さんから「アムロシャアが紡いできた宇宙世紀サーガの正当なる継承作品だと思っております。ぜひとも新しいガンダムファンを獲得していただいて、ガンダムワールドがより広がるように期待しています」とメッセージ

新たな主人公となった小野さんも「古谷さんと池田さんの生のお芝居も近くで見させていただいて、身が引き締まり1つギアを上げることができたと思います。歴史の長いガンダムシリーズ主人公をやれることが光栄ですし、責任をしっかり果たせるように頑張っていきたいです」と想いを述べていました。

小形プロデューサーからは「こういった形で古谷さん池田さんとも一緒にお披露目出来て、身が引き締まる思いです。ガンダムシリーズの40年を築いていただいた方からメッセージを受け止めたうえで、新しい世代に残せる作品を作りたいと思っております。

世界中が大変な時期ですが、7月には笑顔で劇場で会えるように期待しております。これからも末長く応援よろしくお願いします」と語られ、イベントは終了しました。

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、2020年7月23日(木・祝)より全国ロードショー。新しいガンダムシリーズが、どのようなアニメで紡がれていくのか注目です。

映画:『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
2020年7月23日(木・祝)全国ロードショー
配給:松竹
詳細は公式サイトをご覧ください

©創通・サンライズ

「FAN GATHERING『閃光のハサウェイ』Heirs to GUNDAM」