第2クールからついに「過去編」へ。怒涛の展開を迎えたTVアニメプランダラ」。Web Newtypeリレーインタビューでは、前回に引き続き、神戸洋行監督と西片康人副監督に「過去編」に込めた想いを語っていただきます。

第13話より道安武虎

――さて前回のリレーインタビューでは「過去編」の描き方について伺いました。今回は新キャラクターキャストスタッフ面でどのように「過去編」に臨んだのかを伺いたいと思います。「過去編」で新たに登場する坂井離人や坂井時風、道安武虎の印象はいかがですか?

西片 アニメの時風は、原作と少し違う印象があるかもしれません。

神戸 原作では時風がかなり目立つ立ち位置になっているんです。でも、アニメは離人と陽菜たちを意識的に主軸にしているので、そのあたりはアニメなりにバランスを考慮しながら描いています。

西片 原作は連載中ですし、アニメならではの要素も入るので、時風や道安についてはなんらかの変化が見えると思います。

――「過去編」に登場する新キャラクターで筆が乗るキャラクターはいますか?

西片 いやあ、神戸さんの絵コンテすごいんです。とくに道安が強烈で(笑)

神戸 道安は描いていて楽しいです。

西片 普通、キャラクターが相手を殴るとき、目のアップが入ったりするんですけど、道安が殴るときは口のアップが入るんです。しかもコンテの段階で歯を細かく描き込んでいたりして。神戸さんの道安への愛情を感じました。

――現在と過去、どちらにも登場するキャラクターについては、ひとりの声優さんが担当されていますね。

神戸 現在も過去も同じ役者さんでやりたいという考えが最初からあったんです。だから、中島(ヨシキ)さんにも「リヒトー=バッハ」と「坂井離人」を演じてほしいと思っていました。そういう意味では、アレク(CV: 東地宏樹)のキャスティングが一番難しかったですね。現在のお話ではおじさんだけど、過去ではかっこいい。とくにアレクの方はシブい声であってほしかった。結果的にいいキャスティングだったと思います。

――園原水花はかなり激しい一面があるキャラクターですが、キャスティングはすぐに決まったのでしょうか。

神戸 第1クールの初登場時の園原は狂気にとりつかれているようなキャラクターなので、そういった演技ができる方がいいなと思って悠木(碧)さんにお願いしました。

西片 悠木さんは本番収録のときに、イメージをぴったりと合わせてきてくれて、さすがだなと思いましたね。あと年長キャラクターたちのキャスティングオーディションではなかったのですが、どなたもぴったりな声優さんたちに演じていただけることになりました。特に印象的だったのは、音響制作さんが「フィレンダ役は三石琴乃さんしかいない」とおっしゃって……。

神戸 実際に、三石さんにフィレンダをお願いできてよかったです。

――スタッフ面についてもお聞かせください。音楽の松本淳一さんにはどのようなリクエストをしましたか?

神戸 基本的に、アルシアで展開される話に対しては、完全に割り切ってファンタジーの音楽をつくっていただきました。反対に、過去の話については、現代っぽさを感じる要素を取り入れた音楽をお願いして、音楽面で思いっきり雰囲気を振り分けてもらっています。今までにあまりない雰囲気の音楽になっているんじゃないかなと個人的に思います。

西片 今回、劇伴は海外でレコーディングしているんですよね。

神戸 そうなんです。松本さんたまたまヨーロッパにいらっしゃる機会があったそうで。「そこで録ってきます」と。さらっと海外録音を提案してくださったんです。

――美術(背景)については、どのように考えていましたか。

神戸 美術も基本的には音楽と同じで。アルシアの話と過去の話とで、完全に切り分けてもらっています。アルシアはファンタジーとして描いてもらっていて、原作のカラーイメージに沿った方向性で描いていただきました。とくに、アルシアではリヒトーたちが旅をしていく展開になっているので、それぞれの街に特色を出したいと思っていたんです。

西片 アルシアは美しい場所なので、空も抜けがあって、緑も青々としている。住んでみたいなと思わせる、気持ちのいい世界として描いていただきました。

――さて、放送は第13話まで進みました。第13話以降の展開で注目してほしいところがあればお聞かせください。

神戸 第13話以降はパンツも出てきます。

西片 第1クールパンツを描かないようにしていたんですよ。でも、第2クールに入ったら、監督が普通にパンツを描いていて。「いいんですか?」と聞いたら「別にいいよー」と。

神戸 ははは(笑)。第2クールは普通にパンツを出しました。あくまで自然な流れです。

――第2クールは出し惜しみしないということですね。

一同 まあ、そういうことですね(笑)

神戸 かなりおちゃらけたシーンもありますが、実はかなり深い主軸が入っているように描いているので、ぜひ楽しみながらも、ストーリーの展開に注目していただきたいです。(WebNewtype・【取材・文:志田英邦】)

第13話より坂井時風