攻殻機動隊S.A.C.シリーズ神山健治、「APPLESEEDシリーズの荒牧伸志 両監督の下、Production I.GSOLA DIGITAL ARTSによる共同制作となるフル3DCGアニメ攻殻機動隊 SAC_2045」が、4月23日(木)よりNetflixで全世界独占配信となります。

タチコマの設定画

迫る配信日を前に、「攻殻機動隊」のマスコットキャラクターとして世界中で愛されているAI搭載の多脚思考戦車・タチコマの場面写真、設定画、3月の生配信番組で披露された実物大タチコマの写真が公開されました。「攻殻機動隊 SAC_2045」におけるタチコマは、高さ1.3メートル、幅2.0メートル、奥行2.2メートルと、これまでのシリーズ作品よりもひとまわりコンパクトな設定になっています。

また、4月9日より3カ月間の期間限定で、タチコマTwitter絵文字となって登場! つぶやきにハッシュタグ「#攻殻機動隊SAC_2045」「#GhostInTheShellSAC_2045」「#渋谷攻殻」「#タチコマ」「#tachikoma」のいずれかを付けると、そのタグに添えられる形で登場します。

ストーリー

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争"サスティナブル・ウォー"へと突入した。だが、人々がAIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ草薙素子とバトーたち元・公安9課メンバー。電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳、戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、"ポストヒューマン"と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び"攻殻機動隊"が組織される――。(WebNewtype

フルCGアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」より