no title

 オーストラリア西部の深海で、恐ろしいほど長い紐(ひも)状の生物が撮影された。その長さは外側1周だけでも47メートルもあったそうで、全長は推定120メートルにもおよび、世界最長の生物である可能性もあるという。

 地域によっては「ロング・ストリンギー・スティンギー・シンギー(長いひも状のとげとげしたやつ)」と呼ばれるそれは、器官と動物の境界を曖昧にしてしまう生物なのだそうだ。

―あわせて読みたい―

なんというインテリジェンスデザイン。のこぎりヘッドをもったクダクラゲの一種が深海にて発見される
スパゲッティ・モンスターが水中に!?深海カメラがとらえたウニョウニョの謎生物の正体は?
海の中はミステリアスに満ち溢れている!専門家を困惑させる15種の海洋生物
海の中に打ち上げられた大輪の花火!?花火のような深海クラゲの美しい映像
深海にはどんな生物がいるの?海の深さ順に見ることができる面白サイト『The Deep Sea』
深海で地震発生。その時、熱水噴出孔に生息する深海エビたちはどんな反応を示すのか?

 この映像は、ニンガルー・キャニオンズの研究チームがニンガルー海岸沖のインド洋深海で撮影したものだ。

 研究チームは水中ドローンROV無人潜水機)とソナーを使って、生物の宝庫でありながら、あまり研究が進んでいない西オーストラリアの深海を調査していたところ、この激長ひも状物体を発見した。


地球で最長の生物となるか?


 ブラウン大学(アメリカ)の海洋生物学者ステファン・シーベルト氏によるとこれはクダクラゲ目ケムシクラゲ科の一種で、1つの動物のようで、じつは数千もの個体が高度な1つの実体を形成しているのだという。

 調査されていた地域ではわりと普通にいるらしいが、ここまで大きく奇妙な姿をしているものは珍しいそうだ。

 「水中ドローンの操縦士がざっと見積もっただけで、きちんと計測されたわけではありませんが、地球上に存在するいかなる動物よりも長いようです」と、西オーストラリア博物館のリサ・カーケンダール氏は話す。

 一番外側のリングは、推定およそ47メートルという巨大さで、そこから全長を推測すると120メートルに及ぶという。

 だがこれは「個虫」という小さな個体が集まって形成されたものだ。

 個虫は、数千もの自らのクローンを作り出し、1つの「群体」を作り出す。だが、それは単純な集合体ではない。その巨大な体の中で、トゲのある触手、エサをおびき寄せる赤いルアー、あるいは生殖や移動に特化した部分といった具合に、さまざまな器官が形成されている。

クローンの一部は捕食に特化する。ほっそりとした体にぶら下がる長い触手は、釣り針が並んだ釣り糸のよう。こちらの別のクダクラゲフリル付きの触手もそうだ。

地球上に存在する異世界

 カーケンダール氏によると、撮影されたスーパーロングな螺旋状のケムシクラゲは、エサを食べる姿勢を取っていたと思われるらしい。

 これほど巨大な群体にもなると、少なくとも数百万の個虫が協力しながら、エサを食べていると考えられるそうだ。エサの栄養は、全員がつながっている幹の部分(神経シグナルの通路でもある)を通して共有される。


 撮影された映像の中には、ケムシクラゲにしがみついてそれを食べるササノハウミウシ(学名 Cephalopyge trematoides)の姿も映っている。

クダクラゲクローンにしがみつくササノハウミウシは、まるで飾りのように群体にぶら下がっては、ゆっくりとそれを食べている。

 ニンガルー・キャニオンズが撮影した深海の映像には、いくつもの奇妙な生物が映し出されている。


Illuminating Biodiversity of the Ningaloo Canyons - Week 3 ROV Highlights HD - FK200308

 これだけ不思議な連中が揃っているのだ。あえて、宇宙の果てまで地球外生命を探しに行かなくてもいいのではないだろうか?

References:techtimes. / sciencealert./ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52289713.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

イルカを見に来た?カバでもここまでやれるんだぜ。機敏な泳ぎでファンサービスに余念がないカバ(アメリカ)
元保護猫のネイサンさんとウィニーさん、二匹一緒にスイミング。
子馬のデイジーさんとリクガメのジュジュさん、のんびりとお散歩するよ
監視カメラを味見?イエローストーン国立公園に導入されたオオカミたちの今(アメリカ)
猪散歩。ミーアキャット、初めて見るイノシシに好奇心が加速する(アメリカ)

―水中生物についての記事―

イルカを見に来た?カバでもここまでやれるんだぜ。機敏な泳ぎでファンサービスに余念がないカバ(アメリカ)
イカは自分の伝令RNAを編集し複数のタンパク質を生み出すというスーパースキルを持っていることが判明(米研究)
生の魚に潜む寄生虫「アニサキス」が激増中。過去50年間で約280倍に(米研究)
私たちの指は古代魚からの贈り物だった!?指が生えた先史時代の水中生物が発見される
これはもうクトゥルフ!陸を歩くタコの触手使いがかっこいい
地球内異世界探訪。螺旋状に渦を巻くスーパーロングなひも状の生物(オーストラリア)