名古屋グランパスは10日、同じ愛知県に本拠地を置くプロ野球チーム中日ドラゴンズとの共同プロジェクトDra&GRA」で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「キープディスタンス」を提唱した。クラブ公式サイトで伝えている。

 同プロジェクトは「お互いの手とヒレを取り合い、夢と感動を提供」するというもので、今回はマスクを着用し距離を取った「ドアラ」と「グランパスくん」のグラフィックと共に、「キープディスタンス」を提唱している。

 そして名古屋の公式サイトは「皆様も、マスク着用を心掛け、距離を空け、手洗いうがいで感染予防対策を万全に!」という言葉で締め括られ、改めて新型コロナウイルスの感染防止を呼びかけている。

名古屋が中日と「キープディスタンス」を提唱した [写真]=N.G.E.