夫について不満やストレスが溜まり、「離婚したい」気持ちがいつしか「離婚しよう」に変わる。夫との生活に一度耐えられないと思うと、早く離れることばかり考えてしまいます。

【実録】「離婚は簡単」間違った認識で実の父母まで苦しめた妻の過ちとは

ですが、肝心なのは離婚そのものより「別れたあとの自分はどうか」です。

その選択は本当に自分を救うのか、離婚した先に幸せはあるのか、夫に切り出す前にもう一度冷静に考える時間を持ちましょう。

離婚は「新しい希望」と思えるのが正解

1:思い通りに離婚するのは難しいのが現実

たとえば夫が浮気や不倫をしてその証拠もあり、明らかに夫婦関係を続けていくのが無理な状態なら、離婚を切り出せば夫は最終的に受け入れるしかない立場です。

また、モラハラやDVなど客観的に見て夫側に非があるときも、立証できれば離婚することは可能です。

いわゆる夫婦が話し合って納得する「協議離婚」以外は、一方が離婚したいと言っても相手がOKしなければなかなか難しく、その理由や親権、財産分与を巡ってストレスの多いやり取りを重ねることになります。

離婚届を出すまでに踏まなければいけないプロセスは多々あり、別れたいからすぐに実行できるものではありません。

本当に離婚したいのであればまずそのネガティブな時間に耐える胆力が必要であり、それを支えるのが「別れたあとの自分は幸せ」という希望です。

今の生活が嫌だから、で離婚を切り出し、夫の踏ん張りに心が折れて諦めた妻を筆者は何人も見てきました。

だからこそ、離婚を決めたときは「別れたあとの自分」を明確に信じられる強い心が必須だと感じます。

2:「どうして離婚したいのか」を忘れない

ある妻は、不貞行為までは認められないけれど、会社に出入りする保険の外交員の女性をLINEで熱心に口説き、その人のために自分に黙って保険の契約までしている夫を知り、離婚を決意しました。

夫とは5年ほどセックスレスであり、その女性に「隣が空いているけど、来ませんか」「デートしよ」などLINEを送っていること、毎晩スマホアダルトビデオを検索していることなど、明らかに夫の心は離れているのがわかります

自分に無関心なことは昔から気づいてはいたけれど、ほかの女性の存在を家の中に持ち込む夫に強い嫌悪感を覚え、「この女性と肉体関係を持つのも時間の問題かもしれないし、いずれ不貞をはたらくだろう」と思ったそうです。

記入済みの離婚届と離婚協議書、LINEの写真などを夫に差し出したところ、夫の第一声は「これで浮気と言えるのか」であり、それを見て離婚を決めたことやつらかったことなど、妻の気持ちにはいっさい触れることはありませんでした。

確かに、明確な不貞行為の証拠がなければ、夫は妻の要求を突っぱねることができます。

ですが、夫が本来考えなければいけないのは「こんなことをしている自分を見て妻がどう思ったか」であり、そこを無視して離婚しないと言い張る夫の姿は、とても誠意があるとは思えませんでした。

「こんな人間とは暮らせない」。妻はもう一度強い嫌悪感を覚え、絶対に離婚してやると決意します。

どうして自分は離婚したいのか、その理由が曖昧で弱いままでは、夫やその親族たちの反対にあったときに心が揺らぎます。また、家庭裁判所に離婚調停を申し立てたときも、まず重視されるのが離婚したい理由です。

「絶対に離婚したい」と思うのなら、その原因について主張を貫く力がないと、自分が負ける側になってしまいます。

離婚したいと思うとき考えたいこと

3: 別れたあとの自分は幸せ?

離婚後は、子どもがいなければひとりになり、親権を持ったなら子どもたちとの暮らしが始まります。

住むところや生活費、子どもたちの学校など考えることは山ほどありますが、離婚したいと思うときはそれらを一つひとつクリアしていくことが重要です。

「何とかなるだろう」で離婚してしまい、養育費などきちんと取り決めをしなかったことで、生活が困窮していく妻は多くいます。そうならないためには、離婚する前にしっかり見通しを立て、養育費についても取りはぐれがないよう強制執行を認める公正証書にしておくことが欠かせません。

実際にどんな暮らしになるのか、子どもたちはどうなるのか、細かいところまで想像すること。何かあったときに誰に助けを求めることかできるか、利用できる公的な制度には何があるのかなども、離婚の前に確認しておきましょう。

夫の力がなくなる生活は、実家などの援助がある人を除けばほとんどの場合大変になります。

たとえ収入が夫と同じくらいであっても、日々の買い物から子どもたちの世話まで、すべて自分ひとりでやっていくことを考えれば、安易な離婚はおすすめできません。

大変さを理解した上で、それでも「私は離婚したあとのほうが幸せ」だと思えないと、後で後悔することになります。そして、悔やんだところで元夫と以前のように暮らせるかというと、現実は決して甘くはありません。

「夫のためにご飯を作らなくても済む」「機嫌をうかがいながら過ごさなくて済む」ような気持ちだけでなく、たとえば

  • 「自分のペースで暮らせる」
  • 「仕事と生活のバランスが良くなる」
  • 子どもたちと遠慮なく遊ぶことができる」

など、ポジティブな自分を想像できることが肝心です。

苦労はあっても、不幸な結婚生活を続けるよりずっと幸せ。それが本来の離婚の意味であり、「うまくいかなかった結婚生活」にとらわれるのではなく希望を持って新しい生活に踏み出すのが正解だと、筆者は思います。

4:「離婚したい理由」と「離婚したあとの自分」を信じる

「夫の浮気くらい我慢するべき」「夫婦でいることが当たり前」と、昔の価値観から抜け出せずに口にする人は大勢います。

夫婦は対等であり、愛情あるつながりを放棄する側が責められないこと、常に妻が忍耐を強いられるような関係が正しいとは、筆者は決して思いません。

「離婚は悪いこと」となるのは、切り出した側に非がある場合です。本当は不倫していてその相手と結ばれたいから離婚したいのに、嘘をついて配偶者のアラを探すようなやり方は間違っています。

それならば、配偶者に真実を話し、慰謝料を払って離婚するのが正しい筋です。

本当に離婚したいと思うときは、その理由と離婚したあとの自分を信じる強さが必須。進みたい方向が曖昧なままで進めようとしても、配偶者の理解は得られません。

逆にいえば、そこに自信がないのなら、安易な離婚など切り出さないのが吉。一度離婚を言われた側はこちらへの信頼をなくし、そこから元の状態に戻るのは本当に大変です。

目先のストレスだけで離婚を決めるのではなく、別れたい理由は何なのか、そして離婚したあとの自分は本当に幸せなのか、冷静に考えることが自分のためといえます。

離婚は新しい希望、と筆者は考えます。

夫を責めるだけで離婚してしまい、その後の暮らしがまったく幸せでない女性を実際に見てきましたが、それは離婚に対しての覚悟が足りなくて「人生は自分で歩むもの」という意識が欠けているように見えます。

どんな選択であれ、背負うのは自分です。胸を張って離婚したいと思うなら、「そのあとの自分」をしっかり想像し、信じる強さを持ちましょう。