新型コロナウイルスの被害拡大を受けて、4月7日安倍首相から発令された緊急事態宣言。その対象に東京都神奈川県埼玉県千葉県大阪府兵庫県福岡県の一都六県が入りました。

コロナ被害が多く出ている地域が中心ですが、そのまま感染者数上位の7地域ではありませんでした。

福岡県よりも感染者数が多い愛知県が指定から外れているなど、当時は「また“名古屋飛ばし”だ!」といった声まで聞かれました。

しかし福岡県の小川洋知事は自ら「指定してほしい」と願い出たということや、愛知県大村秀章知事は「指定を嫌がった」といった話も広がり、愛知県民にとって「名古屋飛ばし」のワードは“自虐の笑い”から“落胆の恐怖”に変わりました。

そんななか、大阪府では若きリーダー吉村洋文知事の名前がSNSでトレンド入りしました。

 

関連記事:史上初の「緊急事態宣言」で変わり果てた新宿・歌舞伎町 新宿駅では3密は避けられない 安倍総理、小池都知事は都民・国民の生活を把握しているのか | TABLO

 

<吉村寝ろ>

「いつ見ても率先して指揮を執り、コロナ対策に奮闘している」と、大阪府民からの評判は上々でした。しかし、頑張りすぎているのか、吉村知事の目の下にはクマがあり、相当疲れているのが、誰の目からも明らかです。

そんな吉村府知事の姿を見た人たちから、SNS上で一斉に<吉村寝ろ>と声が上がったのです。

そんな折、もうひとつのワードSNSにトレンド入りします。

<井戸起きろ>

大阪府のお隣で同じく緊急事態宣言の対象となっている兵庫県の井戸敏三知事です。

コロナ騒動で各都道府県の知事がメディアに露出しているなか、「あれ?兵庫県知事って誰だっけ?」と揶揄されるほど、井戸知事の姿はあまり見られません。

「本当に仕事してるのか?」「頼むから仕事してくれ」「というか寝てるのでは?」と県民には不安がられて、ついには<井戸起きろ>のワードがトレンド入りしてしまいます。

<吉村寝ろ><井戸起きろ>…とくれば最後のオチはやはりこの知事でした。

 

参考記事:緊急事態宣言がここまで遅れたのは「在日米軍待ち」が理由だった!? 日本はポチ状態 国民の健康より大事なのはアメリカ様のご機嫌 | TABLO

 

「県民の一段と厳しいステージで、自粛をお願いしたい」

4月10日、対象から外れていた愛知県の大村知事が県独自に緊急事態宣言を出しました。つい最近まで自粛要請にも消極的だったことから、県民からは「これ以上かき回さないでくれ!」と怒りと困惑の声が上がっています。

そして、県民の大村知事への想いは、この言葉に集約されるのです。

<大村寝てろ>

大阪府知事の<吉村寝ろ>の声は、かつて東日本大震災原発事故時に不眠不休で会見していた枝野幸男官房長官(当時)に対する<枝野寝ろ>を彷彿とさせます。

その裏を突いた兵庫県の<井戸起きろ>もかなりのパワーワードでしょう。

しかし、そのすべてをひっくり返す<大村寝てろ>は、かつての菅直人総理(当時)の<菅寝てろ>を凌駕するオチです。

しかし、原発事故の時は<枝野寝ろ>や<菅寝てろ>が笑い事ではなくなりました。

<吉村寝ろ><井戸起きろ><大村寝てろ>の3点セットをまだ少しはいじれるうちに、コロナなんとか終息に向かわせたいものです。(文◎編集部)

 

あわせて読む:橋下徹氏、コロナ感染か 「喉には痰が絡む違和感を覚えます」と番組キャンセル…もしも『陽性』ならテレビ局は壊滅的な状況に陥る!? | TABLO

 

画像はイメージです