WOWOWライブでは、WBA世界ミドル級王者・村田諒太の軌跡をまとめた「WOWOWエキサイトマッチ~世界に羽ばたいた日本のレジェンドの試合をもう一度!<村田諒太編>」を、4月13日(月)に放送する。

【写真を見る】アルバレス、ゴロフキンとの対戦に向けて、村田諒太が注目の発言!

初めて世界王座を獲得した2017年10月のアッサン・エンダム戦や、ベルト奪回を果たした2019年7月のロブ・ブラント戦など、これまでの激戦の数々を村田本人の解説で振り返っていく。

収録に臨んだ村田は、「戦った直後に試合を分析することはあるけれど、こうして自分のヒストリーを振り返るのは初めて。 恥ずかしいですね」と照れた。

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で次戦が決まらない状態が続いているが、期待されるサウル・アルバレスやゲンナディ・ゴロフキンとのドリームマッチに関しては「ふたりは実力互角の二大スター。 彼らと戦えるならどの階級でもいい」と意気込みを口にした。

■ 「内容より勝利が欲しかった」エンダムとの再戦

村田は2012年ロンドン五輪ボクシングで、ミドル級金メダルを獲得後、13年8月にプロデビューしたが、今回の特集では記念すべき初陣となった、当時の東洋太平洋王者・柴田明雄との試合もハイライトで紹介。

7年前を振り返った村田は、「大学(東洋大学)の職員をしていたので、そのまま安定した道を選ぶのか迷ったけれど、好きなボクシングを続けられて、さらにここまで深く知ることができてよかった。

(デビュー戦は)本来ならば僕と戦う必要のない柴田さんが受けてくれたので感謝しかない。あの試合はキャリアで一番か二番に緊張した」と感慨深そうだった。

2017年5月には、12戦全勝(9KO)と挫折知らずのままWBA世界ミドル級王座決定戦に臨んだが、ダウンを奪いながらもエンダムに物議をかもす判定で敗れた。

誰もが村田の勝利を確信した試合だが、本人は「野生の勘なのか(判定の瞬間は)イヤな予感がした」と明かす。「でも、 世界に通用するんだという自信になったし、ニュースになって知名度も高まったし、今となっては良かったのでは」とプラスに考えているという。

WBAの指令によって5ヵ月後に直接の再戦が実現し、村田は7回TKOの圧勝で戴冠を果たした。その時の心境については「解き放たれたという気持ちだった」と吐露。そして「内容よりも勝利が欲しかった試合。それをつかめて良かった」と加えた。

アルバレス戦実現なら「階級を変えてもいい」

村田は2度目の防衛戦でアメリカラスベガスリングに上がったが、ブラントに12回判定負けを喫し王座から陥落。直後は引退も頭に浮かんだというが、熟考したすえ「あれがボクシング人生最後の試合ではいけない」と再起の道を選択した。

そして2019年7月、村田が「最も自信を持って臨んだ試合」と振り返るブラントとの再戦では、嵐のような連打を浴びせて宿敵を圧倒、2回TKO勝ちで雪辱と王座奪回を果たした。

この再戦について村田は、「あれでメンタルや人生の向き合い方などが分かってきた」とさまざまな面で意義のある試合だったという。本人いわく、「もちろんここまでのキャリアでベストバウト」とのこと。

強打のスティーブン・バトラーを豪快な5回TKOで退け、再戴冠後の初防衛を果たした村田は、近未来の対戦希望相手として世界的なスター選手であるアルバレスとゴロフキンの名前を挙げている。

村田同様、今回のコロナ禍アルバレスとゴロフキンも予定されていた試合が先送りとなっており、状況次第では9月に両者の3度目の対決が実現する可能性が浮上している。アルバレス戦が12月に計画されていると伝えられる村田にとっても、注目すべきスーパーファイトだ。

1勝1分と分のいいアルバレス有利とみられている第3戦だが、その4階級王者について村田は「今のボクシング界で一番強いといえる選手かも。お金に加え人気、 実力を備えている」と評価。

また、かつてアメリカで一緒にトレーニングした経験を持つゴロフキンについては、「カザフスタンからアメリカに渡り、そこで一から上り詰めた選手」と話す。

両者の決着戦については「スーパーミドル級で戦うのならカネロ有利と思うが、ミドル級ならば五分五分。今度も判定勝負になると思う」と占っている。

その勝者との対戦については、「ぜひ戦いたい。特にカネロ(アルバレス)は難しい相手だと思うし、戦うとなると階級の問題も出てくるかもしれない。でも、カネロが戦うと言ってくれるなら僕はどの階級にでも行く」と並々ならぬ戦闘意欲を見せた。

村田諒太の強み、弱点とは?

収録を終えた村田は、「自分の試合を見てみると、もっとこうすればいいな、ああすればいいなと思うところもあるので、そう思うとまだまだ伸びしろはあるなと感じた」と振り返った。

また、「ガードは固いし、パンチはありそうだなという感じですね(笑)。ただ、上半身の動きが少なく、ブロック主体なので、もうちょっと上半身の柔らかさがあればいいのになと、自分の試合を見て思った」と客観的な視点から“村田諒太”というボクサーを分析した。

新型コロナウィルス感染拡大がスポーツ界や社会に大きな影響を与えている現状については、「こればかりはスポーツ界がどうこう言っている状況ではない。感染拡大をしないように各自が意識を持つしかない」と言及。

「ただ、ネガティブにとらえても仕方ないので、これまではこんなに子供と一緒にいる時間がなかったので、今は家族で一緒に過ごしています。そういう時間に感謝しながら気持ちを切り替えていくしかない」と前を向いた。

所属ジムにも行けない状況が続いているが、「体で痛いところなどがあるので、そこを治す、リセットするいい機会かなと。その一方、やっぱり34歳なので、一度落ちたらなかなか復活できる年齢ではないと思っている。

ましてボクシングではピークに来ている時期かなと感じているので、それを逃さないように日々の生活をしないといけないと思う」と話した。

そして「年齢のことよりも、この状況がいつまで続くのだろうかという不安に関しては皆さんと一緒。そんな中で何ができるのかと考えたら、ボクサーとして(好調な状態を)完全キープは難しいかもしれないけれど、せめて活動ができるように衰えを最低限に抑えなければならないと思っている」とコメントした。

最後にファンに向けて「この2試合をいい感じできているので、またそのボクシングを見せられるように、できる範囲で錆びないように、来たるべき時、来たるべき試合に備えておきます」と力強いメッセージを送った。(ザテレビジョン

4月13日(月)放送の「エキサイトマッチ~世界プロボクシング 世界に羽ばたいた日本のレジェンドの試合をもう一度!<村田諒太編>」に出演した村田諒太