カプコンは、4月3日発売したバイオハザード RE:3の全世界出荷本数が200万本を突破したことを発表した。このうちダウンロード版の販売割合を約50パーセントを占めているという。

 また本作はRE.NETによって、ゲーム内部の情報をユーザーの合意のうえで収集しており、爆発した赤いドラム缶1636万7391個。さらに破壊された面積は2,897,028,207㎡となり、これはラクーンシティ総面積の26336倍、東京ドーム換算だと約6万2000個分にのぼる。

 『バイオハザード RE:3』は、1999年に発売されたバイオハザード3 LAST ESCAPEリメイク版。ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S.の生き残り、ジル・バレンタインラクーンシティを脱出するまでを描いており、謎のクリーチャー追跡者」が行く手を阻む。

 カプコンの自社エンジン「RE ENGINE」を使用して最新の技術で、21年ぶりにリメイクしており、ストーリーや設定には原作からアレンジが加えられており、新規・既存プレイヤーとも新鮮に楽しめる内容となっている。

 また同作には、非対称対戦サバイバルホラーBIOHAZARD RESISTANCEが収録されており、プレイヤーにも好評だ。5月に新キャラクターが参戦、6月以降にも随時コンテンツ追加されていくなど、ロードマップが発表されており、しばらく目が離せないものとなっている。

(画像はSteam『バイオハザード RE:3』より)

 なお、カプコンは昨年1月に発売した前作バイオハザードRE:2を累計650万本を突破したことを同じく発表しており、『バイオハザード RE:3』と合わせて「当社の人気コンテンツ資産の再構築に成功した」と位置づけている。

 『バイオハザード RE:3』の公式サイトでは、現在、ユーザーアンケートを実施しており、その質問のなかには、「今後も新作リメイクがあれば購入したいと思うか」、「ナンバリング最新作が発売したら購入したいと思うか」という、気になる質問も。今後、ナンバリング最新作のみならず、初代『バイオハザード』、『コードベロニカ』、『0』、『4」などがRE ENGINEによって蘇る可能性を示唆している。アンケート5月31日まで受け付けているので、まだの人はアンケートで『バイオハザードシリーズの熱い感想を寄せてみてはいかがだろうか。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman