3000人以上を看取ってきたホスピス医が教える つらく苦しい今だからこそ、知ってほしい、 幸せの三大原則。


ホスピス医。めぐみ在宅クリニック院長
小澤竹俊医師。
2006年めぐみ在宅クリニックを開院。「自分がホスピスで学んだことを伝えたい」との思いから、2000年より学校を中心に「いのちの授業」を展開。2015年、有志とともに一般社団法人エンドオブライフ・ケア協会を設立し、理事に就任。「だれもが生きてきてよかったと思えるように。自分の人生に誇りを持てる最期を迎えられるように」全国の医療従事者とともに活動を続けている。

新型コロナウイルス感染拡大が本格的になってきました。目に見えない敵と向き合うということは、精神的なストレスは、数倍増します。普段の生活の中で、自分が感染するのではないか、あるいは、自分が他の人にうつしてしまうのではないか。何気ない生活にあって、最善を尽くしても、決して100点を取れるとは限りません。
父として家族を養う役目を果たしたい。母として子どもたちの健康を守りたい。息子として、娘として、年老いていく親が穏やかに過ごしてほしい。仕事を通して、誰かの力になりたい。
願うことはあれど、できないもどかしさに負けそうな日もあるでしょう。
精神的なストレスが強い日常を過ごす中では、自分自身を見失い自暴自棄にもなります。
しかし、自暴自棄になりそうなとき、自分を見失いそうな時に思い出してほしいのが「幸せの3大原則」です。
これまで3000人以上の方を看取ってきた中で、数多くの患者さんが残してくれたメッセージでもあります。


【社会不安に負けない幸せの三大原則①】


●どんな状況にあっても、あなたが価値のある人間だという事実は変わらない
社会がどれほど不安な状況になったとき、思い出していただきたいのが、あなたが価値のある人間だという事実です。
いくつになってもどんな状況にあっても、かけがえのない自分、かけがえのない自分の人生を肯定し、受け入れる。それは人生最後の瞬間まで幸せに生きるために、必要不可欠なことです。ご自身が果たしてきた役割、家族とのつながり、人生で味わった喜び、どれも色あせるものではありません。


【社会不安に負けない幸せの三大原則②】


●このために生まれてきたと心から思えたとき、人は究極の幸せを味わう
人はみな、さまざまな事情を抱えて生きています。「愛された経験がない」「つらい結婚生活だった」「希望の職種につけなかった」「重い病気を抱え、余命わずかだと宣告された」
こうした過去の経験、現在の状況から自分は幸せでなかったと感じる人がいても、仕方がないことかもしれません。
ただ、緩和ケアの現場で患者さんと関わる中で、私が確信したことがあります。
それは、『自分はこのために生まれてきた』と思えたとき、つらく苦しい出来事にも意味が生まれるということ。その瞬間、過去のイヤな思い出、つらさは希望へと変わり、人生は大きく変わります。
きなことを達成する必要はありません。自分がこのために生まれてきたと思えることは、身近にあります。心を穏やかにして探してみてください。


【社会不安に負けない幸せの三大原則③】


●死を前にして後悔しない人はいない。だからこそ、一瞬を楽しんで暮らす
病気になり、余命わずかであると知ったとき、まったく後悔しない人はほとんどいません。
元気なときに、もっと家族を大事にしておけば。もっと人の役に立つ仕事をすれば。
旅行、結婚、子供、友人や家族との関係。「十分に生き切った」と思っている患者さんでさえ、何かしらの後悔を抱えています。そして、この世を去る前に少しずつ後悔を手放していける方もいれば、後悔という苦しみを抱えたまま、この世を去る方もいます。
ですから、私はできるだけ多くの方に「一瞬一瞬を楽しむこと」を心掛けてほしいと思っています。また「何を楽しいと思うのか」を突き詰めることで、自分にとって本当に大事なもの、望んでいるものが見えてきます。一瞬一瞬を楽しむこと。それはあなたに本当に幸せな日々をもたらしてくれます。





今日が人生最後の日だと思って生きなさい | 小澤竹俊 |本 | 通販 | Amazon


「死ぬとき幸福な人」に共通する7つのこと | 小澤竹俊 |本 | 通販 | Amazon