外出自粛の中、テレワーク子どもたちと接する機会も増えたのでは……そんな親たちにちょっと面白い情報が見つかった。

子どもの成長を「新聞記事」風に簡単に自動加工することができる「親バカ新聞」ジェネレーターが14日に公開された。これはフマキラー PLAY ACTIVE!「親バカ新聞」キャンペーンで、子どもの、はじめての体験やチャレンジに成功した場面など、なにげない成長の瞬間を「新聞記事」風の画像にして、記録として残すことができる。

https://fumakilla-oyabakashinbun.jp/

作り方は、新聞の向き(縦型/横型)と色(全5色)を選んで、子どもの名前を入力し、写真・見出しを決めるだけ。あとは画像をダウンロードするだけで、家族の思い出に残ること間違いなしの、世界にたったひとつの「新聞記事」ができあがる。

できあがった新聞には「PLAY ACTIVE!」のプロジェクト大使である、ももクロメンバーからの応援コメントランダムに掲載される。応援コメント196種類あり、記事毎に変わるため、記事をつくるたびにメンバーからのコメントを楽しむことができる。

また、記事にコメントをするメンバーは、選んだ新聞の色によって変化する(黒=ランダム、赤・桃・黄・紫=メンバーカラーごと)。ジェネレーターは2020年4月14日(火)~8月31日(月)の期間中、何度でも無料で利用することが可能。
                      
さらに面白い事に「親バカ新聞」ジェネレーターで新聞画像を作成した後、SNSアカウントフマキラー公式Twitterまたはキャンペーン専用Instagram)をフォローした上で、「#親バカ新聞」のハッシュタグをつけ、ジェネレーターでつくった画像をSNSで投稿すると、選ばれた4名分の投稿が、実際に「朝日新聞」の新聞広告として掲載されるサプライズが! 我が子の成長した瞬間を、全国紙で紹介できる貴重なチャンスだ。(掲載は「朝日新聞」紙面上の広告内)。

なお、キャンペーンへの応募期間は2020年4月14日(火)~6月30日(火)まで。新聞画像を作成するジェネレーターは8月31日(月)まで利用できる。

フマキラー公式Twitter(@fumakilla_jp)
Instagram(@fumakilla_oyabaka)
ハッシュタグは「#親バカ新聞」をつけて投稿
【キャンペーン特設ページ】 https://fumakilla-oyabakashinbun.jp/