バルカン半島の国モンテネグロきっての人気都市であるのが、アドリア海から内陸に入ったコトル湾沿岸にある町コトル。中世の面影が色濃く残る旧市街は世界遺産に指定され、夏のハイシーズンにはヨーロッパを中心に沢山の人が訪れます。

最近では、クロアチアのドゥブロヴニクからの日帰り旅行先としても人気。種類豊富なツアーの中には日本語でのツアーもあり、英語が心配な人でも気軽に参加できます。

そんなコトルを代表する人気スポットであるのが、町の裏手の山頂にそびえる城塞。海抜260mの地点にある「聖ジョバンニ要塞」からは、美しいコトル湾のパノラマが目の前に広がります。

城塞は山の斜面に築かれた城壁の一部。9世紀から15世紀に架けて建設された城壁の長さは約4.5kmにも及び、敵の侵略から町を守っていました。

旧市街から城壁内への入口は2ヵ所あります。1つ目は北門の近くにある入り口。

もう一つは「サラダ広場」にある入り口です。建物の壁に「Fortress」と看板があるので迷う心配はありません。

コトルの城壁を上るのは想像以上に厳し道のり。頂上の要塞までは1350段の階段を上らなくてはいけません。

特に夏場は朝のうちに上ってしまうのがおすすめ。日中は太陽が照りつけて気温も上がるので、その中でひたすら階段を上るのは相当ハードです。

旧市街から要塞までの所要時間は1時間ほど。要塞からは、登頂へのご褒美のような素晴らしい絶景が広がります。険しい山々に囲まれた静かなコトル湾。その厳しくも美しい自然風景に感動せずにはいられません。

誇らしくなびいているのはモンテネグロの国旗。時おり爽やかな風が吹き、城壁上りで火照った体を気持ちよくクールダウンしてくれます。

要塞の建物は、草木が生い茂りほぼ廃墟の状態。かつてはどの様な姿だったのでしょうか。

コトル湾の美しい眺めを楽しんだ後は、再び旧市街へもどるのみ。往路と同じコースを下っても良いですが、時間と体力に余裕がある方には別のコースもおすすめです。

筆者が選んだのは、城壁の途中から外に出るコース。行きとはまた異なる風景が楽しめるので、少し得した気分になりますよ。

城壁の外側に出てしまうので、壁とコトル湾を同時に見渡すこともできます。上っている際はあまり気づきませんが、この様にしてみると壁の頑丈さがよく分かりますね。

コトルの城壁を上る際は歩きやすい靴が必須。暑い時期には水も持参し、こまめに水分補給できるようにしましょう。途中で水を売るおじさんもいますが、料金は割高。それに毎回いるとも限りません。

自然が織りなす美しいコトル湾が一望できる城壁上り。頂上までの道のりは厳しいですが、上りきった場所から見える眺めに疲れも吹き飛ぶはず。

世界一美しい湾」との呼び名も高いコトル湾の絶景を、ぜひ自身の目で確かめてみてください。

【世界の絶景】モンテネグロの世界遺産コトルにある美しいコトル湾の絶景