メディカルコスメ(R)のパイオニア株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:マリオスタイン)は、ドクターシーラボ初となるブランドアンバサダーに、女優 栗山千明さんを起用することを決定しました。

幼少時から芸能活動を始め、15歳に女優デビュー、その後ハリウッド映画に出演されるなど、世界で活躍する栗山千明さん。彼女の澄んだ美しさ、凛とした強さ、あふれる多彩な魅力。それらは、ホリステックビューティを提供するドクターシーラボが目指す「健康的で輝く美しさ」をまさに体現しています。

就任した栗山さんは「もともとドクターシーラボを使っていて、その良さを知っている化粧品会社のアンバサダーに選ばれたのはとても光栄。これからはより多くのみなさまに商品の良さを伝えていきたい」「自分の肌がいいと実感したものを世界中の人たちにシェアしていく。周りの人を美しく幸せにしていく、そんな仕事がこれからとても楽しみ」とコメント。今後、商品やプロモーションを通じて、世界中にドクターシーラボが叶える美しさを発信いただきます。
現代人をとりまく環境ストレスに立ち向かい、透明感もっとあふれる肌へ
皮膚の専門家処方「スーパーホワイト377VC」

ドクターシーラボは2009年に革新的成分「WHITE377*」初配合の美容液「スーパーホワイト377」を発売。「WHITE377*」は、多角的かつ的確なアプローチでくすみ※1や点在悩み※2の根源に働きかける皮膚の専門家が認めた革新的な成分です。

近年、美白に対する概念は多様化しています。同様に、シミ・くすみの原因も紫外線だけに留まりません。年々強さを増す紫外線に加えて、PM2.5や大気汚染など目に見えない環境ストレスは、肌のメラニン生成を最大4倍※3にまで増加させることが、ドクターシーラボの研究により新たに発見されました。このような背景から、くすみ※1のない艶肌を目指す成分「WHITE377*」を配合したローションhttps://www.ci-labo.com/shopping/product/00059964/)とクリームhttps://www.ci-labo.com/shopping/product/00059984/)が新登場。400万本突破※4の美容液(https://www.ci-labo.com/shopping/product/00061086/)とのライン使いで、現代人をとりまく環境ストレスに立ち向かい“透明感もっとあふれる肌”へ導きます。

使用した栗山さんは「ケアをすれば肌は応えてくれる。スキンケアがすごく楽しくなりました!」とコメント。「スーパーホワイト377VC」は、彼女の澄んだ美しさをさらに引き立てます。
Step1 整える>
クリアな環境に整え、美容液を受け入れやすい肌へ
スーパーホワイト377VCローション [化粧水] 150mL 4,500円(税抜)
https://www.ci-labo.com/shopping/product/00059964/
Step2 与える>
くすみ※1や頑固な点在悩み※2にアプローチ、輝く素肌へ
スーパーホワイト377VC [美容液] 18g 5,200円(税抜)
https://www.ci-labo.com/shopping/product/00061086/
Step3 閉じ込める>
潤いと美容成分を丸ごと閉じ込め、ピタッとコーティング
スーパーホワイト377VCクリーム [クリーム] 50g 4,500円(税抜)
https://www.ci-labo.com/shopping/product/00059984/


※ 2018年TPCマーケティングリサーチ(株)調べ「ドクターズコスメ企業別シェア
※1 キメの乱れと乾燥によりくすんで見えること
※2 肌に艶のない状態
※3 シャーレ上の実験によるもの
※4 2009年3月~2019年10月末時点(ドクターシーラボ調べ)
* フェニルエチルレゾルしノール(整肌成分)



栗山千明 さん

1984年10月10日生まれ。幼少時から芸能活動を始め、15歳で映画『死国』で女優デビュー2000年に出演した映画『バトル・ロワイアル』がアメリカの映画監督クエンティン・タランティーノの目に留まり、『キル・ビルVol.1』に出演。現在は、BSテレ東の『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官楯岡絵麻Season2』で主演を務め、 NHK-BSPの『幻解!超常ファイル ダークサイドミステリー』では番組進行レギュラーを 務 め て い る(https://www4.nhk.or.jp/darkside/)。また、今夏には出演映画『種ま く 旅 人 ~ 華 蓮 の か が や き~ 』( 井 上 昌 典 監 督 )の全国ロードショーが決定。

配信元企業:株式会社ドクターシーラ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ