トイレを怖がったり、便座に座るのが苦手だったりと、さまざまな理由でなかなかトイレに行けない子どももいます。そんなときには、おまるに挑戦してみるとよいかもしれません。

【詳細】他の写真はこちら



■どんな子どもおまるは向いている?

出典:西松屋のおまるは種類豊富!トイトレにもぴったり

おまるが向いている子どもとは、どのような例が挙げられるのでしょうか?

トイレトレを始めたばかりの小さい子ども
1歳半前後の小さな子どもがトイレの便座に座ろうとすると、補助便座を使っても足が床につかず難しいことがあります。おまるであれば親の補助なしでも座ることができて、子どもトイレをより身近に感じてくれるメリットがあります。

トイレでするのに抵抗した子ども
トイレという空間を嫌う子どもは少なくありません。おまるであればいつもの部屋で使うこともできるので、トイレを嫌がる子どもでも安心して使えます。冬場であれば暖かい部屋でトイトレができるのでさらにおすすめですよ☆リビングなど日常生活に近い場所におまるを置くときは、”ここはトイレをする場所”という認識を子どもに徹底させましょう。

おまるはどうやって選ぶ?ポイントチェック
では、おまるを選ぶときのポイントについて紹介します。

出典:photoAC





・年齢に合わせた大きさのおまるにする
おまるの商品には新生児から使えるものもあります。わが子の体型に合わせたおまるを選ぶようにしましょう。大きさも若干異なるため、大きすぎても小さすぎても子どもが嫌がる原因になりかねません。それぞれ適切な月齢がパッケージに書かれているのでそこを参考にしましょう。

・お手入れのしやすいものにする
おまるを使う上で最も気になるのが、使用後のお手入れではないでしょうか?丸洗いできるものを選ぶとお手入れもしやすくなります。ブログなどでよく紹介されているのは、ペットシーツを中に敷く方法です。これなら使った後もシーツを捨てるだけで簡単に処理することができますよ。

おまるの種類にも注目しよう

出典:筆者撮影

おまるにはまたいで使う形、洋式トイレのように座る形、両側に取っ手がついた形などさまざまな形があります。補助便座としても使えるおまるであれば、年齢が上がってからも長く使うことができるようです☆

■おすすめのおまるはどれ?注目商品をピックアップ
最後におまるのおすすめ商品をいくつか紹介します。

・0歳児から長く使える!アンパンマン5WAYおまる おしゃべり付き

出典:@aiko1_6 さん

PINOCCHIO(ピノチオ)』の「アンパンマン5WAYおまる おしゃべり付き」6,500円(税抜)は、生後半年の乳児から長く使えるおまるです。補助便座として使うこともできます。アンパンマンの持ち手は背中側につけ替えも可能。音が鳴るので子どもも楽しくトイトレできる商品です。




・1〜2歳におすすめ☆おしゃれすぎおまるのスマートポッティ

出典:mamagirlLABO @omatsu.house さん

『BABYBJORN(ベビービョルン)』の「スマートポッティ」2,700円(税抜)は、インテリアにもなじむおしゃれなくすみカラーおまるです。1歳~2歳くらいの年齢で使用しているという口コミが多く、1歳半前後であれば使うことができそうです。中桶がまるっと取り出せるのでお手入れも簡単。「パウダーピンク/ホワイト」や「ディープブルーホワイト」など、6色のカラバリがありますよ♡




・1歳から使える!椅子型タイプの抗菌すわるオマル

出典:西松屋のおまるは種類豊富!トイトレにもぴったり@ aki.babyさん

『西松屋』のプライベートブランドSmartAngel(スマートエンジェル)』が出している「抗菌すわるオマル」1,163円(税抜)は、1~3歳ごろまで使える椅子型のおまるです。ゆったり座れる背もたれがついていて、長く座っても疲れにくいのが特徴。抗菌加工で安心して使えます☆




・3歳以上の子どもにもおすすめ☆ドナルド5WAYオマル

出典:@ yagigigi1234さん

ドナルド5WAYオマル」2,709円(税抜)も、西松屋で購入できる商品です。大人にも人気のあるかわいいキャラクターモチーフになっていて、飽きずに長く使うことができそうですね☆



出典:@ yagigigi1234さん

おまるは中桶まで分解できるので掃除も簡単です。トイレに移行するときには、ステップと補助便座としても使うことができます。3歳以上になるとおまるではなくトイレへの移行を考えるママも増えてくるのではないでしょうか?おまるにも補助便座にもなるアイテムがあると、トイトレへの移行のストレスも少なくなりそうですね!

おまるは種類が豊富!こどもに合ったおまるがおすすめ☆
おまるは座るタイプから補助便座になるタイプまで種類が豊富にあります。高さや幅などによっては子どもの足が届かないことがあるので、その点に注意しながら楽しくトイトレできる商品を探してみてはいかがでしょうか?
(mamagirl
掲載:M-ON! Press