歌手で女優の畑中葉子(60)のツイートが今、注目を集めている。「畑中葉子氏の言説がどれも正論で気骨ある」「これ、あの畑中葉子さんですか?」「うんうん、とRTしてからよく見たら、畑中葉子さんだ~」とその内容に驚きの声があがっているのだ。

畑中葉子が1978年に作曲家の故・平尾昌晃さんと歌ったデビュー曲『カナダからの手紙』は、同年のNHK紅白歌合戦にも出場するほどの大ヒットとなり、デュエット歌謡の定番となった名曲だ。翌年にはソロデビューを果たすがヒット曲に恵まれず、音楽ディレクターの男性と結婚したが8か月で離婚。1980年にはにっかつロマンポルノ『愛の白昼夢』『後から前から』に出演、自らが歌った映画主題歌『後から前から』が大ヒットした。1991年に一般男性と再婚し、一男一女の母親になった。現在も芸能活動を続けており、長女の後前杏奈(うしろまえあんな・28)はジュエリー店に勤務しながらタレント活動をしている。

『畑中葉子 (hatanaka_yoko) ツイッター』では、3月初め頃から新型コロナウイルス感染拡大に関する記事のリツイートや彼女自身の意見を伝えるツイートが急増していた。畑中はその理由を「私の子どもたちも毎日仕事に出ている。できることなら行かせたくない。けど、子どもたちには子どもたちの生活がある。ただ、私から子どもに感染させることは避けたい。そして、私を応援してくださっている方々とも元気な姿でお会いしたい。だから、しつこくツイートする」とし、「不要不急の外出は控えましょう」と呼びかけた。

4月16日には経済同友会・桜田謙悟代表幹事の「現金給付(国民1人10万円の現金一律給付案)は電子マネーで」との発言に、「給付金は経済を回すために出すんじゃないでしょ?」と猛反論。「緊急事態宣言自粛要請で自粛するために賃金が支払われなかったり減額されたり解雇されたりで生活に困る人が多いからの給付でしょ?」、「なんで消費に回すために電子マネーでとか言ってるの? なんだか、くれてやる感が否めない」と怒り、「これは国民に対するパワハラ」と訴えた。

この畑中葉子ツイートには1.6万の“いいね”が付けられ、リプライ欄にも賛同の声が続々届いている。「もう、本当にこれが言いたかった。ありがとうございます」「電子マネーの使い方を知らない人たちも沢山いらっしゃるのに、電子マネー支給とは、出し惜しみしている感が強すぎますよね」「家賃や経費に回したい人もいるから、“電子マネーダメ、ゼッタイ”ですね」「電子マネーの使える店がない過疎地に住む方はどうすんじゃ~」「畑中葉子さんのツイートは的確ですね。見直しました。失礼しておりました」と大変な盛り上がりようだ。

画像は『畑中葉子 2020年4月9日Twitter「私は元気です。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト