フリーアナウンサー赤江珠緒(45)が、18日にPCR検査で新型コロナウイルス陽性が判明したことを公表した。赤江アナの夫は15日に新型コロナウイルス陽性の結果を受けていたため、自身も感染したら娘の世話を誰に託せばいいのか懸念していたが、それが現実となった。これにネット上でも「コロナ怖いけど、何より本当に子供のことが心配」「親子で共倒れするしかないのだろうか?」など共感の声があふれている。

赤江珠緒アナの夫は、新型コロナウイルス治療中の富川悠太アナウンサーメインキャスター(月~木曜日)を務める『報道ステーション』の制作スタッフだ。夫の症状が新型コロナウイルスに感染したケースとよく似ていることから、自身が月~木曜日パーソナリティーを担当しているTBSラジオ赤江珠緒たまむすび』に13日に電話出演した際「(夫は)かかってるんだろうな」と推測していた。

そして15日に夫が陽性と判明した後には、番組リスナーに宛ててA4の用紙5枚にわたる長文を手書きで寄せた赤江珠緒アナ。そこには実体験から共有して欲しい情報や思いが綴られていたが、そこに「事前にできる準備」の1つとして書かれていたのが“夫婦ともに感染した場合、2歳の娘は誰が世話をするのか”という問題だ。赤江アナは「我が家の場合は親が共倒れになった場合、子供の面倒は誰がみるのかという問題があります。共に陽性だった場合、母子ともに同室だそうですが、40℃近い熱の上がり下がりでオムツを換えたり、具合が悪くなく遊び回りたい、まだ病気のことなど理解できない子供と同室で果たして療養できるのだろうか。これに関しては情報もなく、まだ解決策も思いついていません。夫と私の発症のピークが、せめてずれることを願うばかりです。」と切実な胸のうちを明かしていた。18日の赤江珠緒アナからの報告によると娘は陰性で、自宅で療養中だという。

自身が陽性と判明し、実際にこの問題と向き合わなくてはならなくなった赤江アナだが、この問題についてネット上でも共感する声がいくつも見受けられる。赤江アナと同じく2歳児の母親であるという女性は、医師の夫は新型コロナウイルスの検査を実施しているそうで「いつ赤江さんの状況になるか…毎日恐怖で、本当にストレス。家の中でもずっとマスクしてもう数か月」と苦しい心境を吐露し、やはり幼い子の親だという人は「親も高齢だし感染リスクを考えたら預けられない。かと言って、他人にも預けられるわけもない。子供が陰性でも同居してればいつかはうつるだろう。本当にどうすれば良いのだろうか? 親子で共倒れするしかないのだろうか?」と疑問を投げかけている。他にも「コロナ怖いけど、何より本当に子供のことが心配」「子供が小さい場合、両親が隔離されてしまったら、どうサポートするんだろうか」「どういう対策をしたら家庭内で子供の感染を防げるか教えて欲しいです。子供が一番の濃厚接触者なので」「自分達が感染して、施設や病院に行くことになったら猫の世話が出来ません」などの声もあがっている。

これまでの報道によると家族で感染するケースも少なくないが、「陰性の子供を預かれる場所の確保も早急に考えていただきたい」「親が入院となった場合、こんな方法があります、など、国や地域がもっと発信してほしいです」との希望も見受けられた。赤江アナは「回復してラジオに復帰しましたら、私どもの体験をお話できたらと思っております。」とも意思を記しており、赤江アナの一日も早い完治を願うと同時にリアルな情報を発信してくれるのを期待したい。

画像は『TBSラジオたまむすび」 2020年2月27日Instagram水曜日スタジオ風景」、2020年4月16日Instagram「本日(4月16日)の放送で外山アナが代読した赤江珠緒さんからのお手紙です」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト